初めての散髪 

生まれてからもうすぐ1年10ヶ月、初めての散髪です

初めての散髪_01


チョキチョキの間もおりこうさんにできたよ
キマッテルね

初めての散髪_03

シーズンはまだ終わらない 

時差ボケも抜けきらず、休養が必要と思いつつも雪があるうちに行っておきたい
というか、米国滞在中、成田空港で買った「月刊スキージャーナル」を読みふけっていた旦那様。イメージトレーニングはバッチリだった様子
今シーズン5度目の安比は天気もコースコンディションも良く、気持ちよく練習できました

appi3月
(170311)

最近のパターン。
【到着日】
金曜日仕事を終えてから東京駅へ。
東京駅の「Kirin City」か「BEERTERIA PRONTO」でさくっとビール。
GRANSTAで「利久」の牛タン弁当&「地雷也」の天むす購入。
19時20分発の新幹線で盛岡へ。21時34分盛岡着。
21時50分発の安比高原行きバスに乗車。
23時頃ホテル到着。
チェックインしてから事前に送っておいた荷物をピックアップし、板をスキーロッカーへ収納し部屋で荷物の整理を終えると12時を過ぎます。
そこから大浴場で一息ついてバタンキュー

ホテルに夜10時以降にチェックインする「前日深夜チェックインサービス」という宿泊プランがあるので初日はそれを利用しています。


【帰宅日】
12時過ぎまでスキー。
板の手入れ、荷物の片づけ、入浴、荷物宅配手配。
14時50分発大館能代行き直行バス乗車。16時半ごろ空港到着。
18時10分発の飛行機で羽田へ。

横浜住まいには東京駅より羽田駅がうれしいのです

野毛 『萬福』 中華 

野毛をふらふらしていて目に入った「萬福」さん。
魅力的なビジュアル
我々が日々求めていながら最近ではめったにお目にかかれない、いわゆる「町中華」の匂いぷんぷんです

萬福_01


ディープな店内のディープな客層。
競馬中継がデフォルトのようです。

萬福_02


この餃子、大きさ焼き加減とも超お好み
お味もあっさりでゆうことなしでした。

萬福_03


器が町中華っぽくないですが、味はばっちりの肉野菜炒め。

萬福_05


そして昭和なワンタンメン

萬福_06


グラセンもいいけど萬福もね

萬福_04
(170304)

憧れの”MSG” 

「じー」との再会を果たした日の夕方。
グランド・セントラル・オイスターバーへ。

NYC_104


カウンター席でさくっと。

NYC_100


「魚三」か「江戸一」かというコの字カウンター。

NYC_101


お目当てはこのニューイングランド・クラムチャウダー
ここのクラムチャウダーは旦那様の大好物。
1つ注文したら2つに分けて持ってきてくれました。
うん、ほんとおいしかった
この頃にはクタクタになっていた胃にもやさしい1杯でした。

NYC_102


クタクタだから本当は食べない方がいいんだけどと思いつつも注文してしまった生牡蠣。

NYC_103


そういえば、丸の内にあった”グラセン”ってウルフギャングに変わってしまったのでしたねぇ。残念。
ニューヨークに来ることはもうない気がしていますが、クラムチャウダーは食べたい

続きを読む

再会の毎日 

この一週間風邪で寝込んでしまい、旅行とは違う意味で日常生活から遠ざかっておりました。
復活したので再びニューヨークへ戻ります

ニューヨークではコロンバスサークルにある「Trump International Hotel & Tower」に3泊しました。
セントラルパークに面していない部屋なので眺望はイマイチ。

NYC_300

NYC_201


ですが、立派なキッチンがついています

NYC_202


出発前に、「冷蔵庫に何か準備しておくものはありませんか」とホテルから連絡をもらっていました。
すぐそばにWhole Foodsがあるようなのでいつものように自分たちで調達しても良かったのですが、滞在も短いので水とビールをリクエストしておりました。そしてちゃんと注文通りの銘柄のビールが準備されていました。

NYC_203


夏に公園に面した高層階にでも滞在したらさぞ気持ちがよいことでしょう
お部屋の料金は2、3倍しそうですが

NYC_205


ニューヨークでは旦那様、私それぞれのお友達がこちらで暮らしていて、この滞在中に会う約束をしていました

NYC_204


到着した翌日の日曜日は旦那様のお友達Iさん一家がニュージャージーのご自宅に招待してくださいました
以前ロンドンに駐在されている時にも一緒にランチをいたしましたね
最後に会ったのは日本で5、6年前でしょうか。小さくて子供子供していたお嬢さんがすっかり娘さんに成長していて目を疑いました今でも信じられません

NYC_207


翌日は英米文学科の同級生「じー」が会いに来てくれました。
「じー」はニューヨーク在住とはいえシティから電車で1時間離れた郊外にお住まい。
日々大忙しなのに時間を作ってホテルまで会いに来てくれたのです
会うのは15年ぶりくらいでしょうか。気が付くとマンダリンオリエンタルのラウンジで3時間もおしゃべりに花が咲いていました。

NYC_208

どちらのご家族とも年頃の娘さんがいるのですが、受験などお嬢ちゃんたちみんな異国で頑張っている様子。
ご両親たちも赴任生活のご苦労がある中、活き活きとしていて素敵でした。
再会してとてもすがすがしい気持ちになりました

会いにきてくれるお友達がいるって有り難い。感謝です