FC2ブログ

ローマ 『IVO A TRASTEVERE』 ピッツェリア 

食欲がないばかりか、なんと、お酒もちっとも飲みたくない日が続いています
「これで浮雲日記もおしまいかしら?」

そんな中、昔の写真を見て感慨に耽っていたところ、やっぱりという感じで行く先々でお料理写真がありました。今日家で食べた”おかゆ”など載せてもパッとしませんので旅の思い出を。

IVO12003年師走。
ローマのトラステヴェレという、下町地区にあるピッツェリアを訪ねました。
この地区はピッツェリアが密集している場所です。

ガイドブックから選んだのは「IVO A TRASTEVERE」。

IVO4活気があってとてもよい感じのピッツェリアです。
日本にもこんなお店があったらいいのにな

マルゲリータとサラダと赤ワイン。
グラスワインなんてものは無い様で、ボトルで登場。

ピッツァは薄くパリパリで感激のおいしさでした。


IVO3シーザーサラダは見ての通りの素っ気無さ

でも、お野菜はパリパリで新鮮でした。

IVO2お店の人達はとても気さくで、”オレもオレも”という感じで喜んで写真に納まってくれました。

驚いたのがお会計。
全部で15ユーロ。当時のレートでも2,000円強です。
ボトルワインもあったのに
これぞピッツェリアのあるべき姿ではないでしょうか
ホテルとの往復のタクシー代3,000円のほうが高かった

何年も経っているのに、いろいろと覚えているものです。

ジョリッティおまけ
滞在したホテルのすぐ近くにあったジェラート屋さん「Giolitti」。
100年を超える歴史を持つ老舗ジェラテリアだそうで、イチゴのジェラートを食べましたが、人気があるのがうなずける美味しさでした。

roma次回ローマへ行ったら、この2軒は絶対再訪します。
おすすめです

「IVO A TRASTEVERE」
住所:Via S. Francesco a
Ripa, 158


「Giolitti」
住所:Via Uffici del Vicario, 40
URL:http://www.giolitti.it

スポンサーサイト



Comments

難題

すでにご結婚はあきらめ気味なのですが、新婚旅行は行ってみたい。
はに~む~んi-176

ってことは要ご結婚ですね。

仰せの通りに過ごしてみます。

祈!

新婚旅行は南国がええよ。
潮騒を聞くのさ、ハニー。

あまり力をいれなければ
知らないうちにご結婚することになってたりするんだから
あきらめずに、あきらめて過ごしなさい。
(占い師みたいだな)

イタリアはホントいいですよね

おお~っ、そうでしたか。
なんか、海外でおんなじ店行ったことあるって、意外になかったので、うれしいです。
IVOは日本のガイドブックによく載っているから日本人は結構訪れているのでしょうね。

15年前だと、まだ”リラ”ですかね?
昔は安く旅行できたものでした。

若いころにイタリアに旅行する機会を持てたことは、自分の食の楽しみについての考え方に大いに影響を及ぼしているような気がします。

今の奥様はイタリアだとおもしろくないんですかね、やっぱり?
女心はよく理解出来ますが、出来れば夫婦揃ってイタリア旅行したいですよね。
IVOは”行ったことないフリ”しちゃえばどうですか?

そして私は、死ぬまでに一度でいいから新婚旅行したい・・・ですi-230

俺も行ったことあるーっ
93年の暮れ 懐かしの第1回 luna de miel旅行ですわ(とほほ)
Trastevereっておいしいピザ屋さんがいっぱいある街だよね 
DA IVOは2件行ったうちのひとつです(一日にじゃないよ)
ブルスケッタとズッキーニの花のフライ
そしてやっぱマルゲリータ(毎日食べれるね)
ビールと、ワインは観光客らしくEst!Est!Est!白
カマレロがとても楽しく
こちらは拙い伊語風スペイン語なんだけど
100%理解してくれているのがうれしい
メニューとかわいい焼き物の灰皿をおみやげにもらった
(さんざんかわいい灰皿だと訴えたのもあるが)
そう、この店で初めてティラミスーを食べたんだ
くだんのカマレロが絶対美味いから食べろとウインクするもので
確かにうまかった

ということで今の奥さんとは
イタリアには行けないんだろうなあ
少なくとも行ったことのあるところは間違いなく

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://ukigumonikki717.blog17.fc2.com/tb.php/88-de27a972