スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神楽坂 『Lugdunum Bouchon Lyonnais』 リヨン料理 

まさか我々が日本でフランス料理、しかもどっしり系内陸リヨン料理のお店を訪ねるとは
この日は遅めの夕飯、満席で断られたりでなかなかお店が決まらない中、通りすがりで決定した次第
喉は乾くは、お腹は空いてるはで料理のジャンルとかもう何でも構いません状態でした。

「Lugdunum Bouchon Lyonnais」さん。読みずらいです。
しかも店名を知ったのは翌日

Lugdunum_08


2階建のお店、1階は満席で螺旋階段を昇って2階の席に案内されました。
テーブルや椅子はカフェ仕様、大きな男性には窮屈そうですが、昨年秋パリを体験済みなので納得のご様子

フランス人のお客さんもいるし、この内装、本場なおフランスの雰囲気にボルテージが上昇する私先ほどまでの空腹によるご機嫌斜めはどこへやらです

Lugdunum_06


前菜は「自家製リヨン風ソーセージ」。
普段いただく皮がプリプリのソーセージとは違う食感とおいしさ。

可愛い布の入れ物で出されたバゲットもとてもおいしかった

Lugdunum_02


もう一品は「リヨン風サラダ」。
ベーコン、卵が入ってボリュームもあり、これもおいしい

Lugdunum_03


ビールの後は白ワイン。パリのカフェで飲んだ「Petite Chabris」が好きとお店のお兄さんに伝えたところ、似たような味というのを選んでくださいました。
こんなこと出来るなんてカッコいいです
「Hautes Cotes de Beaune Domaine Montchovet」。
「ホントに似てるのかいな?」と思って飲んでみたらホントに似ている
お兄さん、疑ってごめんなさい

Lugdunum_01


メインに本日のお魚料理。鯛です。身がふっくらして塩加減もよくて

Lugdunum_09


ワインが気に入って、おいしいを連発したらお兄さんも嬉しそうでした。
今日も絶好調のみんみんです。

Lugdunum_05


もう一つは本日のお肉料理"鹿"を。

Lugdunum_10


お~、美しい

Lugdunum_11


すると、残りの白ワインは人にまかせ、すかさず赤ワイン注文。
欲望のままに生きておりますです

Lugdunum_12


メインをもう一品追加、ではなく、これは後からやってきたジュニア君の牛ロースステーキ。

Lugdunum_13


一切れいただきました。お肉万歳

Lugdunum_14


私だけデザートを。「柑橘フルーツサラダ パスティス風味 フロマージュブランのソルベ添え」。さっぱりしていておいしー。パスティスも好きだし気に入りました

Lugdunum_15


帰りに干支が一緒のジュニア君と記念撮影。
シェフが右端に写っていました。

Lugdunum_16
(100331)

やってみればチャーミングのフレンチビストロでした。
神楽坂のおフランスな夜はまだ続くよ

Lugdunum Bouchon Lyonnais
住所:東京都新宿区神楽坂4-3-7 海老屋ビル1F
TEL:03-6426-1201
営業時間:11:30 - 14:30 (L.O.)/18:00 - 22:00 (L.O.)
定休日:月

スポンサーサイト

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://ukigumonikki717.blog17.fc2.com/tb.php/809-a72d67c0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。