FC2ブログ

南池袋 『Pino Giovane』 オステリア 

ピノ32週間ほど前に訪ねたけれど入れなかった南池袋のオステリア「Pino Giovane」にリベンジ。
グルメ・ブログ界で有名な方と縁あってご一緒することになりました。

ピノ店内1外観通り、店内もかわいさ満点センスの良い手作り感です。
お料理への期待が高まります。

お店はお若いご夫婦で切り盛りされています。
旦那様はお優しそうで、奥様は目がクリクリとしたかわいい方。

ピノ2窓際の席に通されました。
1階はカウンターの他に、2人掛けテーブルが3卓。
テーブルクロスが白とベージュのブロック・チェック、ナプキンがお花プリントだったりとイタリアの片田舎にある食堂みたいイタリアの片田舎にある食堂に行ったことないんですがなんとなくね。

gavi生ビールの後に飲んだ白ワイン。「Gavi」。さっぱりしていて夏の食卓にぴったりでした。

ワインリストを見て驚いたのは、お値段がとても良心的なこと
2000円代がメインで、高くても7000円くらい。
種類は赤白各10種類くらいありました。


魚介のガスパチョ「魚介類のガスパチョ」。この量で半分。シェアして運んでくださるのですが、普通だったらこれで充分1人前で出される量です。\1,000くらいだったかな。
ガスパチョに魚介類という取り合わせは初めていただきましが、スープも魚介もとてもおいしかったです
やりいかがとても柔らかかったこれでカラマリを作ったら、さぞおいしかろうと思いました。

前菜前菜盛り合わせ(\1,200)
大きなお皿に冷菜7品が盛られています。オーソドックスな種類のお料理が並んでいましたが、どれも丁寧に作られていて◎。
これも2人でちょうどよい量。
オステリア(居酒屋)だから、お料理は取り分けて食べて、ワインを楽しむというのがコンセプトなのでしょう。

カラブリア州出窓には小物がかわいくディスプレイされています。
これはカラブリア州の地図をモチーフにした置物。カラブリアはイタリアのつま先部分に位置する州です。

チーズの盛り合わせチーズの盛り合わせ。3種類のイタリアチーズに、大根のピクルスやオリーブの他、珍しいサボテンのジャム&ヘーゼルナッツを香ばしく炒ったものが添えられていました。
この時点でお腹も程よくいっぱいになってしまっていましたが、せっかく来たのだし、メインも食べたい

赤むつ本日の鮮魚より選んだ「赤むつ」。香草焼き焼きかトマトソースの調理法を選択します。
これもシンプルだけれど素材の持ち味が出ていておいしかった

ピノ2階22階も見学。階段がかなり急なので、ここをお料理持って移動するのは奥様大変だろうなぁ。

ピノ2階1これも2階。なぜか「IKEA」が浮かんで来ました。

みんみん浴衣白ワインの後にはカラフェで赤ワインを注文。
これは食事の後半には失敗チョイスでした。ライトで。

トマトソースの一つも飛ばすこと覚悟できたのですが、最後まで白い浴衣を汚すことなく食事が出来て一安心。良く出来ました

リュウ”リュウ”君という名のわんちゃんが来ていました。
お願いしてお店の裏から呼んできてもらうと、私はじめ、女性客ばかり順番に擦り寄っていきます。
ワンちゃんといえども、それが雄のサガなのね

ピノネームこちらのお料理はアラカルトのみで、おもしろいのが「ワインを楽しんでもらうために、パスタは前菜とメインの後に」とメニューに書いてあって、順番も最後に載っている点。

残念ながら今回はパスタにたどり着けなかったので、また近いうちにお邪魔できればと思います。
ホント、素敵なお店でした


「Pino Giovane」
住所:東京都豊島区南池袋2-36-8
TEL:03-6326-2263
営業時間:11:30~15:00/18:00~22:30
定休日:日・祝

スポンサーサイト

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://ukigumonikki717.blog17.fc2.com/tb.php/80-4e45762d