大塚 『旬 なか川』 

Webやら雑誌から飲食店情報を仕入れてくる私に「飲み屋は自分の足で探せ」とベテラン刑事のような台詞で厳しくご指導くださる会社の先輩H部長と大塚「旬 かな川」へ。南口「さんもーる」の小道、地下1階にあります。割烹とか小料理とかそういうお店です。step
すでにかなりの量を人様のお宅でご馳走になっており、何も更に飲みに行く必要もない状態だったのに、なぜ閉店間際のお店に乗り込んでいったのかは不明。
それは我々が酔っ払いだったから。

ここは引っ越してきた当初にH部長の訓え通り「鼻を利かせて」見つけたお店。大当たりなんです。おすすめです。さすが私。
店内は小さいカウンターと小上がりの掘りごたつ席2卓で合計12、3席くらいでしょうか。
今回で4度目の来訪。

なか川入口
地下にあって、お店の雰囲気を想像できないので、初めてのときはこの階段を下るのに勇気がいりました。

まだそんなにお年はいってなかろうと思われる料理人の方と、お綺麗な中年女性の方のお二人で切り盛りされています。「ママ」と呼びたい雰囲気のお方。
あほな私はこのお二人の関係について、勝手にストーリーを作って納得しています。
お店とお二人の雰囲気が何ともいいんですね。いい意味で「しめっぽく」て。大人のお店です

なか川店内何が素晴らしいってお料理のレベルがとても高いこと。どれを頼んでもはずれなしです。
「きちんとしたお料理」が盛り付けも美しく、お料理に合わせて素敵な和食器で供されます。しかもこれだけのお料理なのにとっても良心的なお値段。

メニューはお刺身や焼き魚、煮物、季節のお野菜など奇をてらったものがなくて私好みのラインナップ。お刺身はだいたい\1,000前後、他のお料理も\500から高いもので\2,000くらいです。

なか川お通し
お通しにしてこのレベルですから。
後ろに見えるのは麦焼酎「不知火」(山口県)。
前回ボトルを入れてもらっていたのです。

なか川たこ
食べ始めててから気付いて写した「たこ刺し」。
sawara
人気メニューだという「さわらの西京焼き」。この2品を頼んで食べたのまではちゃんと覚えているのですが・・・。
おつけもの
お漬物の盛り合わせ。カメラの写真を見て初めて知りました、これを注文しておそらく食べてもいたであろうことを。

それにしても、毎度酔いが回るとろれつの怪しい口調で「こういう処はぁ、ホントはHさんなんかとじゃなくてぇ、素敵な男性とデートできたいんですよぉ~」って言ってしまうって、やっぱり私には人として問題ありだな。そして飲みに付き合ってあげてるのにそんな失礼なことを言われても怒らないH部長はさすがです。

たぶんこの日はこの3品と焼酎だったはず。
お支払金額不明です。情けなし・・・。遅くまで居座ってすみませんでした。次回はまともな時に伺います・・・。

おまけ
お邪魔した翌日のお品書き。地上看板の脇に貼ってあります。
おしながき


「旬 なか川」
住所:東京都豊島区南大塚3-53-7
TEL:03-3985-3488

スポンサーサイト

Comments

Re: 碁隠居さま

「なか川」さん懐かしいです。最近大塚で飲むことが少なくなり、すっかりご無沙汰してしまっています。
お嬢さんと「なか川」さんなんて素敵ですねi-185
お一人様だからこそ、こうしてお父上と一献できるのかもしれませんよi-190
自分が以前に載せた記事を見て、こうして楽しい時間を過ごされていると知ると、とても嬉しい気持になります。

大塚通いが終了されるとのこと。お疲れ様でしたi-260
これからも是非大塚&浮雲日記に遊びにきてくださいねi-262

足で探さずみんみん姫の記事を頼りに先日行って来ました。静かで雰囲気が有って中々の店でした。H部長と三々五々は我家の一の姫とそっくりで思わず笑ってしまいました。一の姫は学習能力不足で「今日も二日酔いだっ」と言って出勤している間はお一人様が続くのでしょうね。小生、来週で大塚ともさよならですがたまには姫のブログを見に来ます。続けて下さいね、姫!

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://ukigumonikki717.blog17.fc2.com/tb.php/31-3dac881b

「大塚『旬 なか川』」

 浮雲日記 に このUPがありました。なんだか、とってもいいお店を紹介してくれています。 Webやら雑誌から飲食店情報を仕入れてくる私に「飲み屋は自分の足で探せ」とベテラン刑事のような台詞で厳しくご指導くださる というのは、実にその通りです。でももうインタ
  • [2008/07/16 06:09]
  • URL |
  • 将門Web |
  • TOP ▲