2016夏 フレンチアルプス記(3) 

2016年8月25日(木) 3日目 アルベール1世小屋


シャモニーでのハイキングデビューです
アパートメント近くのバス停から2番のLe Tour行きバスに乗り30分、終点で降りると目の前がロープーウェイ乗り場。

chamonix_0301


張り切って朝早く出発したのですが、運転開始まではまだ間があるよう。

chamonix_0302


カフェでコーヒーを飲んだり写真を撮ったりして待っているうちにオープン時間になりました。

chamonix_0303


ケーブルカーで標高1,850mのCharamillonという駅へ。

chamonix_0304

chamonix_0305


リフトに乗り継いで2,195Les Autannnes。
ぴかぴかお天気でございました

chamonix_03_07


ここから出発。

chamonix_03_08


フランスの標識だ
標識の左手の方を進み、ひろびろした景色を眺めながら丘を一周する3時間の予定でした。初日なので足慣らしということで軽めのプランを選んでいたのです。

chamonix_03_09


しかし、ケーブルカーを待つ間おしゃべりしたローザンヌ在住シンガポール人のお一人様中年女性に強く強く、氷河を見るコースを薦められました。5分話している間に6回くらいおすすめされて、どうしようか迷ったのですが、来る人来る人みんな標識右コースへ進んで行くのを見て、我々もアルベール1世小屋を目指すことにしました

chamonix_334

map4



爽快な空気の中元気に出発

chamonix_03_10


高低差の少ない道で楽々進みます。

chamonix_03_11


モンブランが近くに見えます。

chamonix_03_13


恐いくらいの快晴です。

chamonix_03_15


眼下に出発したLe Tourの街が見えました。

chamonix_03_16

chamonix_03_18

chamonix_03_19


上の方にアルベール1世小屋が見えます。
最後がちょっと難所でした。

chamonix_03_20


でも立山の雄山神社へのルートに比べたら全然へっちゃら
恐れず立ち向かうことが出来ました。

chamonix_03_21


登ってきた道を振り返ります。

chamonix_03_22


2時間ほどでアルベール1世小屋に到着

chamonix_03_24


ここからは氷河を間近に見ることができます。

chamonix_03_25


日差しが強くてじりじりします。

chamonix_03_26


軍隊の訓練か何かでしょうか。
迷彩服を着た若い人たち。女性もいました。

chamonix_03_27


あまり長居はせず、栄養補給をしたら早めに帰路へ。

chamonix_03_28


来た道を戻るのが普通なのですが、難所を下って少し行くと真っ直ぐ伸びている筋のようなコースがありました。
何の標識も出ていないのですが、若い女の子2人がトレイルランしているのが見えました。地図を見ると途中駅のCharamillonへ行く道があったので、これだと思いこちらを行くことに。下の地図の青いのルートです。

map5


若干の不安が頭をよぎったものの、到着地点らしき所も見えているし。

chamonix_03_29


で、これが大きな間違いだったのです。
急勾配が延々と続いて、途中道がなくなってしまったかのような部分も。

chamonix_03_30


1,850mまで降りてきてもCharamillonはまったく見えてきません。
おかしいのはわかっていましたが、もう進むしかありません。
風もなく、水も残りわずか。
おまけに気温がぐんぐん上昇、1,700m付近で35℃ありました
指先がしびれてきて、ちょっとめまいも・・・。熱中症になりかけ途中2度ほど横になりました。


chamonix_03_31


這う這うの体でたどり着いたのは、なんと朝出発したロープーウェイ乗り場
そう、途中駅まで歩くつもりが一番下まで下ってきてしまっていたのでした。

実際歩いたのは青いコースではなく、赤の点線コースでした
歩いた時間6時間以上。ヘトヘトです。どれくらいヘトヘトかというと、

map2


ビールも飲みたくないくらいヘトヘトでした

chamonix_03_33


この初回のハイキングがこの後数日間、肉体的、精神的ショックとなってしまい、せっかくのバカンスが台無しになることろでした。

chamonix_03_34


教訓、「標識のない道を進むべからず」

chamonix_03_35
(160825)

スポンサーサイト

Comments

Re: Nikkaさま

やっぱり自然はいいよねぇ。
ルート間違えたり、どっちかがケガしたりするととんでもないことになっちゃうもんね。
気を引き締めなおしました。山をなめちゃいけないねi-230

絶景!でも遭難しなくて良かったね。。。汗

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://ukigumonikki717.blog17.fc2.com/tb.php/1872-f116f8bf