カンカルで牡蠣を食べる 

思えば今回の旅は「カンカルで牡蠣を食べてみたい」という旦那様の一声で決まったようなもの。
「12月のヨーロッパなんて寒そうだし、牡蠣ってパリで食べたほうがおいしいとかいうことにならないぃ?」と難色を示していた私。それでも、パリ以外のフランスの都市はほとんど訪ねたことがなかったので、これはよい機会かもと思い直し賛動した次第です

その旅の第一目的であるカンカル牡蠣を求めてモンパルナス駅を出発しました。駅でもやはり銃を持った警備の方たちを目にしました。

サンマロ_01


カンカル


サン・マロという街まで直通のTGVに乗車。
今回のチケットもすべてSNCF(フランス国鉄)のWEBサイトから事前に入手してきました。
時折雨模様の混じるどんよりしたお天気で車窓からの眺めも今一つ。
おかげさまで3時間しっかり睡眠をとらせていただきました。

サンマロ_02


サン・マロからカンカルまではタクシーで30分ほど。
この辺りのタクシーの運転手さんは英語が通じないみたいなのでカタコトフランス単語で意思の疎通をはかりました。
そしてカンカルの海岸到着テレビで何度も見たことのある風景が。

サンマロ_08


なんとかモン・サン・ミッシェルの姿も確認できました。

サンマロ_11


何はともあれ目的の牡蠣。運転手さんに「おすすめのレストラン」と言ったらここに連れてきてくれたのですが、その様子からすると、おすすめというより、営業しているお店をみつくろって止めたという感じでしたでもまあ、こちらもお店のリサーチをしてこなかったので素直に入店。生牡蠣ならどこでも代わり映えしなさそうだしね。

サンマロ_07


2人で1ダースの生牡蠣。

サンマロ_03


私は7個食べました。こんなにたくさんの牡蠣を一気に食べたのは初めてです。
お味は、ふーんという感じで正直感動的ということはなかったかなぁ

それよりもバターがおいしかったのが印象的でした。
あまりにおいしいので珍しくパンをばくばく。

サンマロ_04


そしてもう1品頼んだ白身のお魚料理はちょっと水っぽい感じでイマイチ。

サンマロ_05


このリンゴのタルトは今でも思い出してうっとりするくらいおいしかったです
りんごもの自然な味わいが感じられる素朴なデザートでした。

サンマロ_06

牡蠣を食べたので目的は達成。
辺りを少し見て周ってから宿泊地のサン・マロへ引き返します。

サンマロ_09


潮がひいています。

サンマロ_10


これもテレビでよく目にする牡蠣小屋。

カンカル_100


本当はここで購入して海岸で食べるというのもやってみたかったのですが、飲み物持参しないとダメそうなのでレストランにしました。

カンカル_101


電話でタクシーを呼べる自信がなかったので、ツーリストインフォメーションに頼ることにしてカンカルの街中へ。

サンマロ_12

サンマロ_13

サンマロ_14

サンマロ_15


のんびりとしたよい雰囲気でした。

サンマロ_16


キュートな車を発見

サンマロ_17



サン・マロで宿泊したホテル。「シャトーブリアン」というおいしそうな名前の宿です。

サンマロ_18

サンマロ_19

サンマロ_20


サンマロ_19


アメニティなど何もないシンプルな宿屋さん。冷蔵庫のない部屋に泊まったことがなかったのでちょっとびっくりしました。
この後、部屋で飲むお酒を調達しに街中をうろうろしましたが、お酒を売っている店を1軒もみつけられなかったので、さらにびっくりしました

サンマロ_21


部屋の窓からは城壁がすぐそこみ見えました。

サンマロ_22


城壁の上をお散歩できるようです。

サンマロ_22_02


夕暮れが迫っていましたが、サン・マロの街を散策しに出かけました。

サンマロ_25

サンマロ_26

サンマロ_27

サンマロ_28

サンマロ_29


この日は絵画のような風景をいっぱい見たなぁ

サンマロ_31


城壁散歩の後半に入ると、体調がみるみる悪くなってきたのがわかりました。
牡蠣にあたったということではないと思うのですが、食べなれない多くの生牡蠣にパワーを吸い取られたのか、疲れただけなのか、その場に倒れこみたい感じにヘラヘラになってしまいました。

サンマロ_32


小一時間ほどベッドに横になったらかなり回復。
食欲はゼロでしたが何も食べないわけにもいかないので街中のクレープりーへ。
私が注文したのは魚介のスープ。スープが精いっぱいという状態でしたが、ことのほかこれがおいしくて身体も温まり正解でした。

サンマロ_34


旦那様はガレット。定番の卵、ハム、チーズの組み合わせ。

サンマロ_33


フラフラの私とは逆に、この頃にはすっかり時差ボケもとれ絶好調な旦那様になっていました。
ただ、寝酒が入手できず地獄のような夜だったそうです

サンマロ_35


初めてのブルターニュはとても心に残る良い風景がいっぱいの場所で来てよかったな。
スポンサーサイト

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://ukigumonikki717.blog17.fc2.com/tb.php/1821-3f511aca