モントル~ツェルマット移動  

スイス3日目。モントルーからツェルマットへ移動です

Zermatt_01


モントルーから1時間半ほどのフィスプで乗り換えてツェルマットまでは2時間45分の道のりです。

map_02


旅程の確認。ふむふむ

Zermatt_02


確認途中でも寝る

Zermatt_24


車窓を楽しむことなくフィスプに到着。
目覚めるとフランス風から一変、いつものスイス風でなぜだかうれしくなりました

Zermatt_04


フィスプからはのんびりと登って1時間。

Zermatt10


前回のスイスで体験した山の電車の雰囲気

Zermatt_11


お山が見えてきたよーと次第にテンションが上がってまいります

Zermatt_05


終点ツェルマットではアパートメントのスタッフの方に迎えに来てもらうことになっています。
乗り換えのフィスプで電話をし、到着してからも電話をかけて、すぐにスタッフが向かうとのことだったのですが、なかなかやってこず。初めてのホリデーアパートメント利用で不安がいろいろあったのですが、初めからこれでさらに不安に

20分たったころ再度電話をすると「えっ、まだっ申し訳ありません」という感じで電話口の女性がびっくり。
さらにしばらく待っていると、私のネームプレートを持って走り回っている女性を発見

Zermatt_06


私が近寄って自分を指し、駆け寄ってきた彼女と思わずハグ。
お互い、「よかったぁ~
息を弾ませている彼女は電話に出た人で、何でも迎えに出たスタッフに連絡すると、途中で具合が悪くなりお医者に運ばれる事態になっていたのだとか。
そこで彼女が緊急出動し駅にかけつけたという次第。

ツェルマットは車の乗り入れ禁止です。彼女が連れてきた電気自動車のタクシーでアパートメントまで案内してもらい無事到着することができました。タクシーの中でも彼女が終始息をぜーぜーさせながらも話しかけてくれて、今度は彼女がお医者へ行くことにならないか心配になるくらいでした。
炎天下の中、相当走り回ったのだと思います。

ドイツの若者みたいな前後に荷物スタイルで待っていた旦那様もようやく荷が下せました

Zermatt_22

アパートに荷を下ろすとちょうどお昼時。
まずはとにかく腹ごしらえして一息つくことに。

メインストリートで目についたお店に入ってみました。

Zermatt_15


お約束のソーゼージとロシュティ。なつかしーなー

Zermatt_14


私はヴァレー風前菜盛り合わせ(小)。小ですが、ほとんど食べられずにいると、お店の人がびっくりしてドギーバックにしてくれましたお夕飯ゲットです。

Zermatt_13


移動日のこの日は着いたらスーパーで買い出しなどして、街をぷらぷら散歩するくらいというお話だったのですが、山に到着すると待ちきれないらしく、昼食後早速出動することに。やっぱしね

Zermatt_16


なるべくライトなコースをお願いしてケーブルカーに乗車。

Zermatt_17


3分ほどで標高2,288m Sunnegga スネガに到着しました

Zermatt_18


旦那様はその先のRothorn ロートホルンまで行きたそうでしたが、初日なのでここで勘弁してもらいました。

sunnega
(地図は「スイス政府観光局HP」より拝借)

うーん、気持ちいい~

Zermatt_19


少し雲がかかっていますが、それもでくっきり見えます、マッターホルン

Zermatt_23


るんるん、らんらん、鼻歌交じりで楽しく下ってゆきます。

Zermatt_20

Zermatt_21


だんだん疲れてきましたけど・・・。

Zermatt_22


でも、とても素晴らしいコースでした。

Zermatt_23


なにせ、マッターホルンを終始目にしながら下ってゆけるのです。

Zermatt


行く先々で幾多の高山植物を目にしました

Zermatt_08


全部の花の写真を撮っていたら、日が暮れても町にたどり着けなさそうなくらい。

Zermatt_09


結局3時間近く歩いてツェルマットまで戻ってきました。
初日からマッターホルンの姿をしっかり拝むことができてラッキーでした

Zermatt_25
(150627)

スポンサーサイト

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://ukigumonikki717.blog17.fc2.com/tb.php/1775-69ceaa05