有田・伊万里 食器を求める旅 

気に入った和食器を集めようと東京や横浜のデパートなどを探しても、どこも変わり映えのしない品揃えで未だ家の食器棚はお粗末なまま

これはもう現地へ行くしかない!と意気込んで頼み込んで佐賀へ連れて行ってもらいました
狙いはもちろん、有田焼と伊万里焼

長崎空港からレンタカーでアクセスしました。
長崎の海を眺めようとちょっと寄り道。

saga_02


なだらかで穏やかな風景。

saga_01


のんびりした気持ちになりました。

saga_03


高速道路をゆくこと40分で有田に到着です。
観光協会のお姉さんに地図をもらいに行ったところ、休日は空いていれば佐賀銀行の駐車場を使わせてくれるのだとか。市内の他の駐車場も無料の様子。
有田太っ腹

saga_05


車を降りて、お店が並ぶ通りをうろうろ。

06_20150416172352626.jpg


人があまりいなくて閑散としていました。G.W.に陶器市があって、その期間は人も車もぎっちりらしいです。
空いてるときにゆっくり見られてよかったです。

07_201504161723536a1.jpg


こちらは「トンバイ塀」という、使い捨ての窯道具、陶片を赤土で塗り固め作った塀だそうです。

08_20150416172354209.jpg


デパートで必ず見かける「香蘭社」さんだ。
建物がレトロで素敵。

09_2015041617235617e.jpg


せっかく来るのに何の下調べもしていなかったので、通りにあるお店を適当に覘いて歩きました。

saga_10


最後のほうに入った「鷹巣瑞光堂」さんで気に入った器をいくつか購入。

saga_11


こちらのご主人、品物の説明やコーディネート提案など親切で感じが良いのもさることながら、私たちが求めているような品物がないとなると、「そのへんのは○○さんか○○さんにあるかもしれませんよ」とよそのお店をおすすめしてくれるのが好印象
コーヒーとお菓子までごちそうになって。良い買い物ができました

saga_12



お次の目的地、大川内山へは車で30分の一本道ドライブ。

saga_113


窯元さんがずらっとならぶ坂道をぶらぶら。

saga_14

saga_16

saga_18


実は私は出発前、有田よりこちらの大川内山に期待をしていたのですが、好みのものにあまり出会いませんでした。
大正期の柿右衛門という小皿が2人とも気に入ってゲット。

saga_17


結局この後、再び有田に戻って先ほどのお店で迷った末見合わせていた品を手に入れたのでした。

saga_19


やっぱり現地に行くと品数が違います。とっても良かったです
今回時間がなくて行けなかった有田の柿右衛門や源右衛門などの窯元をいつかゆっくり見学してみたいな。

saga_20
スポンサーサイト

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://ukigumonikki717.blog17.fc2.com/tb.php/1753-0a917f58