女神の港へ 

翌日はまずまずのお天気のよう

5_219


この日もまずは電車に乗って。
この小さな村々を結ぶ電車、時間通りに来ることがほとんどなくて、30分、1時間遅れなんてあたりまえのしろもの。見ればミラノ~ジェノヴァというような長距離を各駅停車しています。
このチンクエテッレの村々では大勢の乗客が乗り降りするので、なかなか発車できなかったし。どうりで遅れるわけです。

5_220


この日は運よく15分程の遅れで到着した電車に乗って、3分後1駅お隣のリオマッジョーレに到着です。

5_201



村は散策せず、

5_225



船着き場に向かいます。

5_221


きれいだなぁ

5_203

海沿いが遊歩道になっています。

5_205


空模様がまた怪しくなってきました

5_206


釣り糸を垂れるおじさん。

5_222


獲物を釣り上げ、観光客から拍手喝采です

5_501


海鳥。

5_223

5_226


フェリーがやってきました。

5_224


出発
ここから30分の船旅です。

5_335

5_502

5_503


丘の斜面に村が張り付いている感じ。

5_210


どうやって暮らしているんだろうという立地のおうちもありました

5_228

5_504


この景観、海側からでなくては拝めません

5_505


大喜びの乗客を乗せて船は進みます。

5_506


気持ちはいいのですが、風はかなり強くて防寒が必要でした。

5_229


持ってきたダウンベストやらフリースやらを総動員で着ぶくれ状態

5_209


もうそろそろ到着の時間。
何か見えてきました。

5_212

5_213

5_214

5_230


向こうのほうに見えるのは、一昨日通ったスペツィアの港と街。

5_510


ポルト・ヴェネーレに到着しました

5_231
(131015)

スポンサーサイト

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://ukigumonikki717.blog17.fc2.com/tb.php/1649-e8780e23