第5回:空沼岳 

もう、すっかり山旅にはまってしまっています
今度は北海道定山渓温泉を起点に空沼岳というお山へ行ってきました。

空沼岳_01


今回初めてレンタカーを利用してみました。
普段乗っている車と違うので、エンジンのかけ方やカギのロックの仕組みなど、わからないことがいっぱい

登山口の駐車場。実はここにたどり着くまでが冒険ものなのでしたが、写真を撮る余裕もなしで。

空沼岳_02


空沼岳って名前がキレイです
さあ、出発

空沼岳_03



ええっ
そうなんだぁ…

空沼岳_26


空沼岳山頂までは7.7㎞。道のりは長い。

空沼岳_04

もう、心は熊の襲撃でいっぱい。
熊よけ鈴をぐるんぐるん揺らして音を鳴らしまくりです。

空沼岳_06


小川のせせらぎとか、草木の緑とか、熊の恐怖の前には何の力もなく。

空沼岳_07


しかも、かなりハードで長い道のりです

空沼岳_05


がたがたの橋を渡ったり、

空沼岳_10


ほぼ、水中歩行の道のりを経て、

空沼岳_23


ようやく、万計沼に到着。ここまで2時間半。すでにヘトヘトです。

空沼岳_12


ああ、きれい

空沼岳_11


神秘的にきれいな沼の空気。
正直ここで引き返してもよかったのですが、やはり頂上をめざしたいもの。

空沼岳_22


先へ進んで、お次は真簾沼。景色を楽しむ気力もなく進みます。
もう、立ち止まったら動けない感じで。

空沼

空沼岳_15


この辺まで来ると、熊の恐怖におののく余裕もなく、疲労困憊。
さらに水分補給の心配がやってきました。
もってきたのは1人1リットル。暑く喉が渇き、ぐびぐびのんでしまいます。これでは下山まで足りないのは確実

空沼岳_17


終盤に来て、樹木をまたいだり、潜ったりしなくてはならず、これが結構しんどいのです。
さらに、沼地ならではのぐちゃぐちゃの足元

空沼岳_18


そんな思いでようやく頂上に到達してみれば、

空沼岳_20


視界ゼロここまで4時間半。
そそくさと下山開始です。

すると下り始めた直後、後から登ってきた青年より、「熊の足跡があったそうです。気を付けてください」とのメッセージ。私たちより少し前に下りて行った中年のおじさん2人組の方からの情報だそう。

空沼岳_20


ええっーー
あまり登山者の人もいないし、本気でもうダメだと思ってしまいました。
熊と向かい合ったとき、熊よけ鈴は鳴らしたほうがいいのか、静かにしたほうがいいのか、など頭の中がぐるぐる。ホント、半べそ状態です。

空沼岳_21


出来うる限りのスピードで下ってゆきました。

それなのに、下から登ってきた欧米人の2人組のお兄さん、「クマ、モウアッタ?」ってすごく楽しそうなわけです。「逢ってたら、あなた達に会ってませんから」

空沼岳_24


恐いし、水も残り少なくて脱水状態。ふくらはぎが痙攣をおこしたりして。

空沼岳_08


ようやく登山口に帰還。
7時間半はこれまでの最長でした。

空沼


登山口で熊の足跡を見たおじさんに話を聞くと、足跡の写真を見せてくれました。
大きいうえに、新しい足跡とのこと。タイミング的にホントに危なかったのです、私たち。

宿の人から、この辺りでは、近所の小学校まで下りてくることも珍しくないと夕飯の時聞かされました

北海道の山にはもう二度と登らないと思います。

クマは大好きなのにな

pooh


スポンサーサイト

Comments

Re: Kaeruさま

素敵なおNEWのシューズで楽しんでこられたのですねi-179

沼や湖というのは、海や川とは違う密やかで神秘的な美しさがあるのだと、
野山に行くようになって、その魅力を強く感じるようになりましたi-262

出来れば一生会いたくないリアルプーですi-240

万計沼の静

素敵でため息でますね~。
この土日は南八ヶ岳をグルっと巡って
きましたが実写版プーさんには
いつもドキドキです^^;

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://ukigumonikki717.blog17.fc2.com/tb.php/1614-5854e67b