Porto 『Dom Tonho(ドン・トーニョ)』  

お夕飯はホテルにいた日本とポルトガルのハーフ青年、リョウ君がおすすめしてくれた「Dom Tonho」へ。
ドウロ川沿い、ドン・ルイス1世橋のたもとにあります。有名店のようです。

Porto_39


とても賑わっています

Porto_33

タコサラダ。
ポルトガルのタコはどこで食べても、とても柔らかかったです。

Porto_34


茶目っ気のある彼が取り分けてくれているのは、

Porto_36


スズキのグリル。
軽い塩で焼いたのみで、オリーブオイルも何もかかっていない、本当の塩焼き。
これを待っていたのよ

ここで、バッグに忍ばせていたお醤油の出番。
ん~、やっぱりここは醤油よね

Porto_37


メニューの数が少なかったし、そんなに印象に残る料理というわけではなかったけれど、なぜかそれなりに満足です。サービスの彼が頑張ってくれたからでしょうか。

Porto_35


この頃にはすっかりラテン時間に慣れ、夕飯スタート8時半が普通になっていました。
そして、今夜もコーヒーを飲む頃にはオネムの時間。

Porto_38


ポルトの夜景はどこか物憂い美しさでした
私が眠かったからかもしれませんが。

Porto_31

スポンサーサイト

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://ukigumonikki717.blog17.fc2.com/tb.php/1260-601ee493