浅虫温泉 

八戸で海の幸に感動した後は、「青い森鉄道」という2両編成の電車でこの日の宿泊地へ向かいます。

浅虫_12


降り立ったのは「浅虫温泉」駅。

浅虫_01


予想以上に鄙びている…。

浅虫_11

宿は駅から徒歩2分の「海扇閣」さんです。

浅虫_08

浅虫_09


ロビーのステージでは夜になると津軽三味線のライブをやっていて、宿泊者以外でも無料で見ることができます。
私も見に行ったのですが、混雑していたので諦めて部屋に戻りました。

浅虫_07


部屋の窓からは陸奥湾や湯の島が見えます。

この後私は温泉へ、父は、なでしこのオーストラリア戦をテレビ観戦と各自のんびり過ごしました。

浅虫_02


お夕飯はお部屋食。

浅虫_03


名産品を取りそろえた膳でおいしいのですが、ほとんど食べられず
マグロのお寿司も手を付けられませんでした。
この時は生ものを受け付けなくなっていたのです。
胃が疲れてしまったというか、ごちそう続きでびっくりしてしまったというか。至極残念。

浅虫_04


おっきなホタテ。
これは食べました

浅虫_05



ところがそのせいで、朝には食欲旺盛
軽くすませた父を先に部屋に帰して、一人ゆっくりと朝ごはんを堪能。ごはんをおかわりしそうな勢いで(結局してませんが)完食です。

しかし、夜食べれず朝完食というのはもったいなかった。

浅虫_06


湯の島の夕景をバックにした吉永小百合さん。
JRキャンペーンのポスターが貼ってありました。
小百合さまがが来たのね、となんだかうれしいミーハーな私です

浅虫_10
(110905)
スポンサーサイト

Comments

Re: ママンさま 

ホント、悔しかったです。
どうも近年生ものに弱くなっているようでi-181
中華料理だったら私もがっつりいけると思うのですが。

どうぞどうぞリンクなさってください。
私はご承諾もなく勝手にリンクさせていただいてしまっていて、申し訳ありません。
お許しくださいませ。

このおいしそうなお夕食をほとんど食べられなかったなんて、なんて残念なんでしょう。この週末中華街に行って食べ過ぎた私には繊細な胃をお持ちで羨ましいわ。
ところでブログのリンクいただいていいですか?

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://ukigumonikki717.blog17.fc2.com/tb.php/1235-2ef405a2