This charming man 

少し前に気付いたこと。
知っている人の「声」っていつでも、はっきり明確に思いだせるということ。

最初、15年前に逝ったママの声で気づいたのだけれど、試しにいろんな人で試してみたら、全員OK
顔は少しぼやけてしまうこともあるし、一昨日の夕飯の献立ですら思い出せないのに、とこの発見に一人ほくそ笑んでおりました。

だから、昨日のお通夜の時も今日の告別式の時もずっとやぎさんの声が聞こえていたのですよ。あんなにあなたらしい遺影を前に。

私が入学した時、やぎさんたちは4年生で、でも、やぎさんはもう学校を辞めていたから、部室で会うことはなく、初めて会ったのは、きっと「ユンヌ」か「山」ですね。

昨日は「AD白木屋」でしたよ。誰かが「30人でおさえたから」って知らぬ土地とは思えぬ神業で大移動、結局30じゃ無理で40名くらい集結。
もう、まるでデ・ジャ・ヴ。やぎさんの不在以外は。

帰りは田端まで乗り過ごし、家で酸っぱい胃液を吐き、倒れるように就寝。
翌朝は駅前のファミリーマートで液キャベを見つけられぬまま、ぎりぎりの会場到着。

二日酔いの受付嬢。これってロックなの?いや、これって広研よね、やぎさん


これは今日の午後見上げた空の写真です。真っ青な空。
観測史上まれに見る早い梅雨明けになったのは、やぎさんのせいだと思っています。鬱陶しい雨なんか勘弁してよって。ぴーかんでなくちゃね、って。

kumo


今日も暑いから、明るいうちから冷えた「エスト! エスト!! エスト!!!」あたりでやってるんですかねぇ。

なんて書いてると、「オレはそこに氷をぶっこんで飲むのさ」って「オノくん」からコメント来そう。
って思ってるとまた聞こえてきます「みんな、飲もうぜ!!」って声が。


今夜はキツイんだな。

明日知らぬ我が身と思へど暮れぬまの今日は人こそかなしかりけれ
(紀貫之・古今838)

スポンサーサイト

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://ukigumonikki717.blog17.fc2.com/tb.php/1194-4e7a5a79

-

管理人の承認後に表示されます