FC2ブログ

神楽坂 『一邑』 ~一邑会 '08夏 番外編~ 

毎年8月に浅草で開催される「夏の一邑会」は、浴衣を縫い上げた生徒の作品お披露目がメインでなのですが、私のような宴会目当ての不埒な生徒たちも集う、夏のお楽しみ企画です。

プログラムは、
東洋館」での演芸鑑賞→浅草 今半ですき焼→「澤正」で二次会
というのが定番コース。

浅草サンバカーニバルの日に開催します。
私はここ3年参加させていただいており、今年も行くつもりでいたのですが、連絡網がまわってこなかたのと、ここしばらくの余裕のなさで自分から確認もとらずにいて、当日を迎えていました。

のれん朝からジムで運動した後、近所のインド料理屋でカレーを満喫していると携帯にが。
「今から東洋館にはいります」。見ると留守電にメッセージも。
開催してたんだ・・・


廊下すでにカレーで満腹のため、今半はきつい状態だったので二次会のみ参加にしました。
いつもの「澤正」さんは、なんとお店がなくなってしまっており、神楽坂の「一邑」で行うとのこと。
「澤正」のおじいちゃん、元気なのか心配です。

今半ですき焼を堪能した後のご一行様と「一邑」で合流。
一邑会のドレスコードは和装のため、雨の中浴衣で駆けつけます。
時刻は午後7時半。


枝豆先生からは会うなり「罰金だー」と叫ばれるものの、すんなりお座敷で宴会開始

皆様、すき焼でお腹は満たされているので、簡単なおつまみを用意していただき、ひたすら日本酒。

みどりさん&のびちゃん子育ても終わられているお姉さま方は、一服しながら余裕の宴会態勢です。
強いんだ、お姉さま方

白鷹私が7月にお中元で先生にお持ちした新潟「麒麟山」は"試飲"で半分以下に減っていたため、瞬く間に終了。

続いて出てきた「白鷹」。同時に「立山」、「一邑」(オリジナル)も登場。
飲み残しのお酒大処分会と化します。


谷桜山梨の地酒「谷桜」。

「みんみんが素面だ!」と不満げにお酒を注いでくださいますが、今半ですでに日本酒三昧だった先輩方に追いつくのは至難の業なのです

漫談先生のお知り合いで、「東洋館」では漫才をなさる"大空なんだ・かんだ"の、なんだ師匠も今半からお付き合いくださっています。

なぜか先生はなんだ師匠の漫才の弟子であるらしく、ショート漫才を披露。
先生のノリとしゃべりは料理屋の女将にしておくのは惜しいくらいです

バカ話に花を咲かせていると先生から「ちょっと」と呼ばれて席を立ちます。
「ホントに罰金とられるのかな?」
赤霧島すると、奥にあるウンターへ連れて行かれ、「うちのNo.1連れてきましたぁ~」と紹介され着席。
みると、鍵型カウンターの一辺にはおじ様が3名、角に一邑会参加の女の子、もう一辺にピンクのポロシャツのお兄さんが。

キャバクラの「浴衣フェアー」か、ここは?

なんでも奥のおじ様方はお店の常連さんだそうで、お話をきていると皆様別々の所属ながら揃ってお医者様。ピンクの人はその中のお一人の部下の方ということが判明。

持ち込みされた「赤霧島」。
「黒霧島」は飲んだことありましたが、赤は初めて。
ロックで頂戴いたしました。

ぎんこちらもお持ち込みらしい宮崎県 佐藤焼酎酒造「銀の水」。
これは飲まず仕舞いでした

先に来ていたO嬢はそつなくお相手を務めていますが、こう見えても人見知りしてしまうNiO.1嬢みんみんは借りてきた猫のようにおとなしく黙って飲酒。

お座敷には若くて綺麗な娘たちが揃っているのですが、先生が”保護政策”に出たみたい。

甕おじ様方のリクエストで封が切られた「甕雫」。
これはストレートで配布され、ちびちびなめました。

オフ・モードの時はいつにもまして気の利かない私を尻目に、お隣のピンクポロシャツの方は上司の方に気を使いせっせとお酒作り。そのへんの社長秘書さんよりよっぽど頑張ります。頑張れ若手君
釜皆様は伝説の師匠のお話などされていて、ふむふむと聞き役に徹していると、話の流れで「発表するスライドっていうのがあるんだけど、(どんなものか)わかる?」と確認され、
「よくわかります」とニッコリお答え

ディスプレイほどなくピンクの人が卒なく手配していた神楽坂のカラオケスナックに、ドクターズは移動。「あなたもちょっと来なさい」と"ママ"と化した先生にお声をかけていただきましたが、翌日のエクササイズもあることですし、"アフター"は丁重にご辞退申し上げました。

実は一人でスペインバルにでも寄って飲みなおそうかと考えていたのですが、雨が降っていたので断念

こうして、人見知りで接客下手でカラオケ嫌いなNo.1嬢はしずしずと電車で帰路についたのでした

スポンサーサイト



Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://ukigumonikki717.blog17.fc2.com/tb.php/103-fc6828f0