スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016夏 フレンチ・アルプス記(8) 

すっかり間延びしておりますが夏の記録は続きます

2016年8月30日(火) 8日目   

この日はクールマイユールでのハイキング。岩山に登ってイタリア側からモンブランを眺めるという計画です。
ホテルのすぐそばのロープーウェイを使うつもりだったのですが運転していなかったため、となり村のドローネまで歩きそこから出発

chamonix_08_01


この日はこの旅初めての、どんよりとした曇り空。
あれが目指すモン・チェティフ。お天気とごつごつした岩の風景。
シャモニーとは雰囲気が随分違うなぁ。

chamonix_08_02


岩山を昇り始めてすぐ、そこまで険しい感じではなかったのですが、体力的にも気力的にも無理そうな予感がしました
と、それを感じたのか隊長から中断命令が聞けばスタート時から私の足元がおぼつかないのが気になっていたとのこと。

chamonix_08_03


クールマイユールはスキーのメッカ。
そうは見えないけどイタリアの高級スキーリゾートなのだそうです
サマーシーズンを終えて、各所でリフトの建設が行われていました。

chamonix_08_04


かわいらしい標識

chamonix_08_05


おちゃめです

chamonix_08_06


疲れも溜まってきている頃なので、この日はこのまま帰ることに。

chamonix_08_07

chamonix_08_08

続きを読む

スポンサーサイト

アウガルテンでコーヒーを💝  

夏のフレンチアルプス記もまだ途中ですが、オーストリアを訪ねてきました。
写真は陶器のお店「アウガルテン」でお買い物をした際に出していただいたコーヒー。
「これ割っちゃったら弁償するのかな?」と気が気でなかった情けない私

今、ミュンヘンの空港で帰りの飛行機待ちです

augarten
(161018)

2016夏 フレンチアルプス記(7) 

2016年8月29日(月) 7日目 アオスタ観光

8月最後の週末を終えた月曜日。今日から2泊3日でイタリア側へ小旅行です
出発前にお向かいのお店で朝食。

chamonix_07_02
メインストリート、朝だしUTMBも終わっちゃったしで先週と様子が一変。

chamonix_07_44


得意のこのスタイル

chamonix_07_03


南バスターミナルまでは歩いて10分ほど。

chamonix_07_04


到着すると乗客の人が並んでいました。スーツケースの人がほとんど。バカンスも終わって帰るのでしょうか。

chamonix_07_05


出発時間の10分前を過ぎてようやく運転手さん登場。
乗客リストで名前を確認し、パスポートを見せての乗車です。
アナログな感じが新鮮でした

chamonix_07_06


うまいこと最前列をゲット
予想通り定刻の8時30分からちょっと遅れてイタリアに向けて出発です

chamonix_07_09

イタリアへはモンブラントンネルを通っていきます。

chamonix_07_10


見えてきた

chamonix_07_11


一番前の席なので良く見えます

chamonix_07_12

続きを読む

2016夏 フレンチアルプス記(6)  

2016年8月28日(日) 6日目 プランプラ⇒フレジェール

日曜日のこの日はもともと休養日に設定していて、ハイキングなどはせずだらだら過ごす予定でした。
けれど”お出かけコール”を連発した私の粘り勝ちで午後から出発
前日予定していて取りやめたコースを行くことに。

chamonix_06_01


プラン・プラ行きのロープーウェイにはシャモニーの街から乗ることが出来るので徒歩で乗り場まで。

chamonix_06_02


お出かけ出来てご機嫌です

chamonix_06_03


プラン・プラはパラセイリングの発着場になっていて、空にたくさん飛んでいました。

chamonix_06_04


今日はプランプラ⇒シャルラノン⇒フレジェールと歩いて、フレジェールからロープーウェイでプラの村まで降りる算段。
傾斜も少ない初心者向け、2時間ほどの行程です

map_06

chamonix_06_06


出発直後、進む方向が怪しいことになっていたのですが、とりあえず進みました。

chamonix_06_07


インストラクターさんに教えてもらって自分一人で飛んでる模様。
飛んでみたいけれど自信ないなぁ。民家に落ちちゃったりしないのかしら?

chamonix_06_08


今回のシャモニーハイキングは小川清美氏著「シャモニ周辺を歩く」(山と渓谷社)という本に紹介されているコースから選びました。
日本でシャモニーのハイキングガイドを探し、ようやく出会ったこちらの本、16年前初版発行なのですがとても詳しくわかりやすくコースを紹介してくれています。入手しようといくつかWebでの通販を探してみると、絶版になっているらしく定価
1,800円のところ倍以上の価格でしか販売してませんでした。入手しないことには困るので仕方がないかなと思うも、なんだか悔しくて根性で探しまくってようやく定価で買うことが出来た次第。自分的には大手柄だと大満足でした

そんな小川さんの解説によるとこのルートは、「コース全体もながらかで歩きやすく、モン・ブランからドリュまで、連なる名峰を眺めながらのんびり歩くのがよい」とあります。

book

続きを読む

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。