氷河特急 

旅行記もだいぶもたついてしまっています。先を急がねば

サンモリッツで2泊した後は、次の目的地グリンデルヴァルドに向かいます。

map


途中の乗換駅まではスイスの三大特急に数えられているGracier Expressという列車に乗車。
この列車に乗るのも今回の旅の楽しみの一つでした

gracier_01


この列車の座席予約もインターネットで問題なくできました。

gracier_02


各座席にはイヤホンがついていて、6ヶ国語くらいに対応している音声ガイドが各ポイントで解説してくれます。
日本語もありました。

gracier_05

続きを読む

スポンサーサイト

森を歩く 

もしかしたら、天気が悪くてまったく山歩きを楽しめないかもしれないと覚悟をしていた今回のスイス、チャンスは逃さず歩いてみることに

St.Moritz_11

St.Moritz_12


山歩きというより、森のお散歩ですが、空気が澄んでいてとーっても気持ちがよい

St.Moritz_13


日本だと、こういう平らな森を歩くことはほぼ皆無かも?

St.Moritz_18

St.Moritz_19


小さな湖にたどり着きました。スターツ湖。

St.Moritz_15



続きを読む

ここはイタリア 

何の知識もないティラーノ。
地味な感じのごく普通の街という印象です。

滞在時間は約2時間。

Bernina_14


方向もよくわからず適当にぶらぶら。

Bernina_16

Bernina_17


旧市街地っぽい雰囲気の場所にやってきました。

Bernina_18


お昼ご飯を食べます。これが目的といえば目的?
良さそうな雰囲気のお店がいくつかあり、迷いましたが、

Bernina_19


このお店に決定

Bernina_20

続きを読む

St.Moritz~Tirano ベルニナ急行 

翌日は予報通り

部屋でのんびりどころか、極寒の駅ホームで震える私

Bernina_01


トレッキングが出来ないので、ベルニナ急行に乗ってイタリアのティラーノという街まで行くことになりました。
スイスパスがあるのでタダだし、寝たければ電車で寝ればよし、と鉄道大好きな人は言う。

ベルニナ鉄道は”世界一遅い特急列車”と言われています。
見どころいっぱいのこの電車、私も乗ってみたかったので雪でよかったのかも。

map


寒くても電車に乗ったらお約束のビールはいただく。

Bernina_02


パノラマ車両は窓がワイドで景色がよく見えます

Bernina_04


じぇじぇっ

Bernina_05

続きを読む

湖畔散歩 

サン・モリッツで滞在したホテル「Schweizerhof」。
このエリアはウィンタースポーツを楽しめる冬がハイシーズンのため、5月だと営業していないホテルもたくさんありました。ここは通年営業なのかな?

St.Moritz_01


バルコニーからのサン・モリッツ湖が一望できました

St.Moritz_07


お天気も良くなってきて、すがすがしい

St.Moritz_06


とはいえ、お腹がすいていたので、さっそく目の前のカフェへ。

St.Moritz_08


魚のフライ。淡水魚なんだろうなぁ。

St.Moritz_09

続きを読む

途中下車 

スイスセーバーパス8日間で巡ります。
まずは、チューリッヒサン・モリッツ。

map2


サンモリッツの天気予報がよくなかったので、乗換駅のChurを散策することにしました。
「チュール」と呼んでいたのですが、「クール」が正解。

ここはスイス最古の街なのだそう。

chur_01


あてもなく、旧市街地らしい方向に向かいぶらぶらすることに。

chur_02

続きを読む

ここらでそろそろ 

和食をば
チューリッヒの「Sara of Tokyo」。

zurich_01

zurich_02


この後、すき焼きを。
頑張っていると思いました、このお店

zurich_03


宿泊したのはニーダードルフ通りにある「Wellenberg」というホテル。
ブティックホテルなのかな?

zurich_04

それにしても心配なのはお天気。
スイスは低気圧に覆われて、例年では考えられない寒い日が続いているのだとか…。




それでもワクワクして翌日は早起き

チューリッヒ中央駅のカフェで朝食を食べて出発を待ちます。

zurich_11


好きなのです、チューリッヒ中央駅の造りや雰囲気。なつかしいなぁ

zurich_12


ここのカフェも素敵な内装でした。

zurich_13


スーツケースはホテルに預けて、スイス周遊中はバックパッカー

zurich_14


駅と電車に興奮です。

zurich_15


ま、乗っちゃうとすぐ寝るんですけどね

zurich_16
(130523)

世界一周のルール 

オーランドを出発すれば、もうバカンス

今回はスターアライアンスの世界一周チケットを利用しました。
とってもお得なのですが、3都市以上にそれぞれ24時間以上滞在せねばならぬなど、利用のためのルールがあります。

我々の目的地はスイスのみなのですが、規定を満たすため、無理やり1都市に滞在します。

map


オーランドシカゴパリ。
1日がかりの移動です。

午前中にシャルル・ド・ゴールに着いたため、ホテルにチェックインもできず、かなりよれよれ
移動ボケのせいにするわけではありませんが、このカフェにカメラケースを忘れました

paris


明日からのスイスに向けて、特に何もせずのんびり過ごしました。

paris_03


食事もノープラン。宿泊ホテル1階の「Brasserie Lutetia」で。

paris_04

paris_05

paris
(120521)

家にスイスのガイドブックを忘れてきてしまったので、「地球の歩き方」を求めて
JUNKUDOに。
€30と日本の2倍以上の値段でしたが、泣く泣く買いました

テーマパークとゴルフ場の町で 

帰ってまいりました

まずはお仕事。毎年5月恒例のアメリカ出張で、フロリダ州はオーランドへ。
無知な私、フロリダで知っている地名はマイアミくらいのもので、オーランドってどこ?という状態でした。

初日の晩ごはんは「Charley's」というステーキハウスです

Charley's_01


ドアの真ん前に肉焼き場
食欲がそそられます。

Charley's_11

Charley's_07


さらにそそってくれるものがワゴンで運ばれてまいりました

Charley's_02


デイヴィッドさんだったかどなただったかがお肉プレゼン。
早口だし、ほとんどわからなかったのですが、”Angus”と”Dry-Aged”だけは聞き逃さず、それに決定。

そういえば、アメリカの給仕さんってみなさん、自分名前をいいますよね。
アメリカ人に限ったことではないのですが、どうも外国の人の名前っていつも聞き取れないのです、私。
後から人に聞くと”キャサリン”だの”マイケル”だのよく聞く名前だったりするのですが、どんなに簡単な名前でもどうしても聞き取れず…

Charley's_03


続きを読む