冬ばら物語 

いつの間にか、都電荒川線沿いのバラが再び花盛り

rose_01

rose_02

rose_06


冬でも花が咲くのですね

rose_03

rose_04

rose_05


今週末はこんなイベントが開催される大塚です

icho

スポンサーサイト

バルをハシゴするの巻 

これまたお久しぶりの「carino」さん

carino_06


突出しのさつまいもの一口ポタージュ、おいしい

carino_01


前回飲んでおいしかったと言っていたワイン。
やっぱり好きな味でした

carino_03


この日のおすすめの一つ、牡蠣のソテー。下にはお豆が敷いてあります。
白ワインにぴったり

carino_04


こちらのお店でのお気に入りメニューはトリッパ。
レギュラーのトマト味ではなくて、クミンなど香辛料を効かせたエスニックなこの日のスペシャリテのほうをいただいてみました。うんっ、おいしーーっ
私はトマト味よりこちらが好み。常設してくれないかなぁ

carino_05


やっぱり好きです、ココ。
〆は別のところでさっぱりいこうなどと店を後にしたにもかかわらず、

carino_02


続きを読む

神楽坂 『ささ木』 日本料理 

久しぶりの「ささ木」さん

IMG_1132.jpg


いつも楽しみなのがお通し
これだけでだいぶお酒が飲めそうなのですが、

IMG_1133.jpg


さらに焼きガニ、お造り、揚げ銀杏、三つ葉のおひたしなど、どれも素材良し味良しで、

IMG_1135.jpg


おいしくいただきました

ささき_12


適量で

ささき_11
(121118)

大塚 『ワイン厨房Tamaya』 ワイン 

週の前半に「ワイン厨房 Tamaya」さんを再訪。2回目です。
この日はフランスではなく、

IMG_1113.jpg


オレゴンの白ワインにチャレンジ

IMG_1114.jpg


なかなかですが、私にはいまひとつ。

IMG_1117.jpg


お肉屋さんのサラダ。

IMG_1112.jpg


貝の白ワイン蒸し。

IMG_1115.jpg


タリアテッレはズワイガニのトマトソース。

IMG_1116.jpg


赤ワインはグラスでいただきました。
手前のがおいしかった

IMG_1118.jpg


続きを読む

大塚 『キッチンABC』 洋食 

もうすぐ大塚在住丸5年にして初めて訪れた「キッチンABC」。
ちょっと前に改装して明るくきれいになったのは知っていました。

牡蠣フライ3ヶ、ハンバーグ、目玉焼きにライス&お味噌汁を注文。
うーっ、どれも予想外においしくてびっくり
お昼時、いつも混んでいるのも納得です。豊富なメニューは全て¥1,000以下。

ABC_01


こちらは牡蠣フライ&牛カルビ&目玉焼き。

ABC_02
(121118)

大満足です。
これから時々お世話になりそうな予感

銀座 『GRANO DELICATESSEN BAR 』  

東京メトロ銀座駅の地下「GRANO DELICATESSEN BAR」さん。
美容院に行っていてお昼を逃してしまった土曜日の3時。

種類豊富なお惣菜とビールやワインがさくっといただけます。

ヤムウンセン&タラとほうれん草のチーズ焼きをいただきました。

銀座地下
(121117)

私が行った時は100%女性客。
お一人様も多かったです。

護国寺 『MACHON』 ビストロ 

夕方から雨が降り出した日曜日
この日は以前から気になっていたビストロで晩ごはんです
護国寺の「MACHON」さん。

IMG_1109.jpg


天使の海老のサラダ仕立て。

IMG_1104.jpg

続きを読む

巣鴨 『菊谷』 蕎麦 

お土産を口実にtonyさん&豆狸さんペアとの会合です
今回は巣鴨の「菊谷」さん。

菊谷_01


夜来るのは初めて。
メニューには日本酒にあう肴ばかりです

菊谷_01

続きを読む

いつものおまけ 

ANA205便パリ行。
行きの飛行機で食前酒を楽しむときがが一番元気、ハイテンション

機内食_01

機内食_02


洋食にしてみました。
前菜の白身魚のカルパッチョ。

機内食_04


メインはホタテ貝のグラタンを選択。

機内食_06


柿をイメージしたパン。生地にも柿が練りこんであるとか。

機内食_05


こちらは和食。

機内食_03


お楽しみのパフェはマンゴーアイス。ピエール・エルメとのコラボなのだそうです

機内食_07


フルーツもいただいてしまいました。

機内食_08



朝ごはんは和食。

この朝食がすこぶるおいしかったのです。特に卵焼き
朝からこんなにおかず付けてくれなくてもいいってくらいいろいろ。

旅館の朝ごはんみたいと思っていたら、どこかの旅館とのコラボなのだとCAさんが教えてくれました。

機内食_09


ごはんは今一つだったのが残念だったのですが、機内食にそこまで求めちゃかわいそうかな

機内食_10

ちなみに、私の前の席は滝川クリステルさんでした。

続きを読む

初体験 

アムステルダムを3時半に出発した日の午後11時半。

フランクフルト空港直結のシェラトンホテル地下1階のレストランにおりました。
目の下にはクマができ、お化粧はほとんどとれた姿で

アムス発のフライトが2時間以上遅れ、フランクフルトで乗り継ぐANA便に乗れませんでした。
日本人がかなりいるし、正味1時間くらいの遅れだし、ルフトとANAの共同運航便だし、待っててくれるかも、などと淡い期待をいだいてフランクフルトに降り立つと「日本行き210便は定刻通りに出発いたしました」との説明

そこからルフトのカウンターで翌日の乗り換え便の手続きをし、用意してくれたシェラトンへ移動。
空港直結の巨大ホテルが2つもあるのは、こういう事態が多いから?

正直クタクタなのと、待ってる間にアムスの空港でビール飲みすぎで食欲はゼロ。
それでも閉店間際のレストランで、「まっ、しょうがないね」ということで、名物のソーセージ
これがかなりおいしくて、テンションあがちゃってるし

frankfurt_02


パスタは予想通りまるでダメ。

frankfurt_01


ドイツでソーセージ食べてみたかったから、良かったのかも?などと言いながら、とりあえず飲んでしまう能天気な人たち。お友達も一緒で3人だったので思わぬハプニングもいい思い出です。私以外のお二人は翌日のお仕事の調整が大変そうでしたが…。

ラストオーダーが過ぎても構わず注文して飲んでいたので、フロントで渡されたミールクーポン€30/人では当然足りず

frankfurt_03


翌日ルフト便で出発となりました

frankfurt_05

うっとりの1泊2日 

アムステルダムの滞在先は「Intercontinental Amstel」。
運河沿いのお城のような建物

ams


わぁ

ams


お部屋の壁紙はデルフト焼き風?

ams_38


お部屋の窓からは運河が見えます。

ams_37


建物も、雰囲気も、

ams_34


朝食のパンケーキもうっとりだったのですが、何より素敵だったのは、

ams_33

こちらのホテルのコンシェルジュのおじいさん。
話し方といい、接し方といい、”The King of コンシェルジュ”
ゆったり、優雅、嫌味なところなんて微塵もありません。
感動して泣きそうになったくらいです

続きを読む

Amsterdam 『HOPPE』 酒場 

運河クルーズが終わって夕飯までまだ時間がある。
飲むしかないな

ams_22


なんとびっくり、1670年創業という酒場だそうです。
店の外まで人があふれて、皆立ち飲み。

ams_25


こういうところは得意なのです。
雰囲気としては「斎藤酒場」。
お客さんの年齢層が高く、常連さんが多いところなんかは「江戸一」みたい

ams_23

ams_26


30年通っているという名物おじさんと盛り上がり、ノリノリです
初めてなのにとってもくつろげた「HOPPE」。

ams_21

良い酒場の雰囲気は、古今東西、共通なんでしょうか

運河の街を楽しむ 

アムステルダムは20年以上ぶり。1泊しかしないので、到着したらすぐお出かけです

レンブラントの「夜警」は見ておかねばということで、国立美術館に行くも、立派な本館は改装工事中で、小さな建物での公開でした。でも、噂通りすごかったです、あの絵

ams_01


トラムにも乗りました。

ams_08


運河の街はなんだか親しみやすくて安心します。

ams_02


街中がこんな風景。

ams_04


お土産を探しにしゃれたお店が多いエリアへ。
東京でいうと、代官山って感じでしょうか。

ams_03


でもま、とりあえず、

ams_07


ビールを

ams_05


この「tosti」というホットサンド、小腹を満たすのに最適。
ハムもチーズもさすがオランダでした

ams_06

続きを読む

四十にして惑う 

南駅から再びThalysに乗ってブリュッセルを後に

bru_43


自他ともに認める海外旅行大好きっ子のわたくし。
どんなに不便でも、うまくいかないことがあっても、失敗しても、それもこれも全部楽しめる。
学生の頃の貧乏旅行でも、4ツ星ホテルに泊めてもらえるようになった最近でも変わらずワクワクがいっぱいで。

そんな私が今回フランス、ベルギーとやってきて、突然「日本に帰りたーい 外国にはもうこないかも」とホームシック?になってしまいました。
こんなの初めて

何があったというわけでもないのに。一人ぼっちというわけでもないのに。
年々抜けなくなる時差による身体の疲れ、パリの曇り空、人々の優しくないしぐさ、習慣の違い、フランス語、英語、などなど。
今までそれもこれも楽しめていたことが。

もちろん、どこも楽しかったことに変わりはありません。


ああ、歳をとったんだなぁ、わたし…。

と思いました

bru_41


あっ、風車だ
次の国では大丈夫だろうか…?

bru_44

ブリュッセルで食べたもの 

このあたりでそろそろ日本食ないとダメでしょうと、ホテルのコンシェルジュさんにおすすめされて出発前に予約してもらった「山優三辰」さん。
ベルギー初日の夜のこと。

bru


庶民的な街のお寿司屋さんという感じで、日曜日のこの日は在留日本人のご家族がたくさんいらっしゃってました。ベルギーのサッカーチーム、スタンダール・リエージュに所属している川島永嗣さんもわざわざ来た様子。写真は納豆巻きとカッパ巻ですが、お魚もどれもとても新鮮でおいしかったです

bru_32




翌日のランチはホテルから近いイタリアンへ。

bru_36


どうもパン生活が続くのが苦手で、ご飯か、麺類などの水分のある主食がどうしても食べたくなります。

bru_35


なので、イタリア以外のヨーロッパでパスタはハズレが多いとわかっていても、かまわず注文。

bru_33


パスタはアルデンテで魚介ソースもおいしくて正解でした

bru_34


どこもおいしかったブリュッセルですが、いろんな意味でよかったのは最後の夜に行ったお店

続きを読む

ぶらりブリュッセル 

何の目的もプランもなく立ち寄ったブリュッセル。
お天気も良いので、あてもなくお散歩です

これは王宮。ベルギーの旗がはためいている時は国王がおわすのだとか。

bru_23


王宮のお向かいの公園。気持ちよかったなぁ

bru_24

bru_25


小さい街で見どころが多いわけではないので、1日で十分街を見て回れます。
2泊したのでのんびりできました。

bru_28



続きを読む

Brussels 『Conrad Hotel』 

ブリュッセルでの滞在はコンラッド。
初めてです、コンラッドに泊まるのは

conrad_11


パリからやってきて、なぜか落ち着くアメリカンな造りと応対

conrad_12


お部屋も良かった

conrad_01


エリア的にも良かったし、ここにして正解と思いました

conrad_14

Thalys 9333 

ヨーロッパの古い終着駅はどこも風情があって、昔の映画のワンシーンで見たようで、何となく切ない感じもしてどこもいいなぁと思います

brusseles_02


パリの北駅もまたそんな駅のひとつ。
3年前初めてユーロスターに乗った時もここ北駅発でしたが、その時とはまた違う印象でした。

brusseles_01


今回は「Thalys」。
これもTGVと同様Web購入でe-ticket。

brusseles_03


ここ数年、ユーロスター、フランスのTGV、イタリアのFrecciarossa、ポルトガルの特急アルファ・ペンドゥラールといろいろヨーロッパの特急に乗る機会がありましたが、総合的に私は今回のThalys(タリス)が快適だったなと思いました

brusseles_04

続きを読む

Paris 『Hotel Lutetia Paris』 

今回の滞在は「Hotel Lutetia Paris」。
前回からすっかり左岸派になったものの、プチホテルのエレベーターの狭さにおののき、サンジェルマンデプレでは珍しい大型ホテルにすることに。

Lutecia_02


夜明けが遅い秋のパリ。

Lutecia_01


やっと明るくなるのが8時半頃。

Lutecia_03

続きを読む

休み休み 

歩いては休憩。

マレの「Les Philosophes」はお約束。

paris_01

paris_02


ボン・マルシェの中でも一休み。

paris_07


シテ島で適当に入ったカフェ。

paris_04

一休みするのに並んだりしなくていいのが東京と違う良いところ

迷子の効用 

マレで知らない通りを適当に道を進んでいたら、市場のような場所を通りかかり見学

ここのお魚屋さんのお魚は見るからに新鮮そう。
お客さん鈴なりでした

市場_01


場内にはイタリア惣菜、モロッコ惣菜などを販売&イートインできるスペースもあります。
くるくる回っていたら、和食のブースを発見

これはもしや雑誌や本に載っていた「タエコ」さんでは
(ということは、完全に行く方向を間違えている…。)

市場_05


朝のおやつに「すきやき丼」いただいちゃいました
この甘辛いたれ、泣ける。ご飯も日本で食べるのとおんなじだぁ。

市場_02


メニューは豊富で鶏の竜田揚げやお弁当などなど。
これからパリに行って日本食恋しくなったらここに来ようと決めました。

市場_04

「Marché des Enfants Rouges」(赤い子供の市場)という市場です

Paris 『La Lorraine 』 ブラッスリー 

パリに戻って今年も「La Lorraine」へ。

ロレーヌ_04


お目当ては牡蠣
今年も3個で疲れている時にたくさん食べるのははばかられまして。

ロレーヌ_01


うーん、新鮮、サイコ-

ロレーヌ_02

突然、ガラスの外に派手な車が御成~りぃ

続きを読む

部屋から眺めるモンサンミッシェル 

修道院をじっくり堪能したのでホテルへ戻ります。
歩いてみました。1㎞くらいでしょうか。

msm_11


宿泊したのは「Le Relais Saint-Michel」というホテル。

msm_19


このホテルから先は一般の車は入れません。
市が運営している?無料のシャトルバスに乗るか歩くのみ。
そのシャトルバス乗り場が真ん前というのも便利なのですが、なんたってこの宿のウリは、

msm_20


「部屋から世界遺産が眺められる」ということでしょうか

msm_12

続きを読む