巣鴨 『ときわ食堂 庚申塚店』 食堂 

昼前からジョギングをすると、なんだかんだで2時をまわってしまうことが多いので、その後のランチに困ることも。もっと早起きしてスタートすればいいだけの話ではあるのですが

そんな時便利なのは巣鴨通り商店街。
観光地でもあるこの通りは通し営業の飲食店が多いです。

久しぶりに「ときわ食堂」さんへ。2時半で超満員です。
アジフライと冷奴の”ミニ盛り”。
相変わらずふわふわの揚げたてアジフライは美味
この日はデジカメを忘れてきたので携帯で撮影しました。

ときわ_01


ホタテの醤油焼き。

お会計はジャスト\1,000。満足です
でも、残念なことにワンコインでいただけたサービス定食がメニューから消えていました。

ときわ_03



〆にお蕎麦をいただきに「菊谷」さんへ。
またしても「野菜ぶっかけ」をいただきました。この日のお野菜は秋らしくきのこ。

ときわ_02
(111030)

スポンサーサイト

巣鴨 『DA PEPI』 イタリア料理  

この日はtonyさんと、彼女の「豆狸さん」(ごめんなさい)との会合。
場所は「DA PEPI」さんです。初めてのテーブル席だ

pepi_01


「白イカとチェリートマトとあさり」。

pepi_02


シチリアの果実味ある白ワイン。

pepi_03

続きを読む

ある秋の食卓 

近所にある地元密着型スーパーで「長崎県産 のどぐろ 一夜干し」に遭遇。
ちっちゃいですが、3匹縄でつながれて\598。

yuhan_01


脂がのっていておいしかったです

yuhan_02


煎り銀杏。
銀杏の殻を叩き割るのに苦戦しました。

yuhan_03

続きを読む

「Ha-Naとはじめるニット雑貨レッスン」第2回 

鉤針編み教室2回目のレッスン
今回作るのは、リボンブローチと&ミニチュアバッグのバッグレット。

細編みの練習です。

なんというか、ラブリーなんです。
シックでクールなイメージの私には不似合いか?なんたって43歳だし

ami_01


バッグレットのほうはなんとかなりそうです。

ami_02


でも、リボンブローチは難題。
小さい子供のおけいこバッグにでも付けてたら可愛いのに

せっかく作ったのだから使いたい気もする。
いろいろ考えました。

続きを読む

日本の非日常を楽しむ家族 

スイスのチューリッヒ近くに在住している友人が、お嬢さん2人と2週間日本に帰国していました。

子供たちが小さかった頃は、毎年2ヶ月くらい帰ってきていたのですが、学校があるので、もう、そうもいかず。来日(?)したのだって4年ぶりだもの

約束の日。午後から休みをとって、彼女の実家へ。
子供たちとの再会を前に、異常にドキドキ
駅で口紅塗りなおしちゃったりして
写真で見るとだいぶ背も伸びて、私が知っている昔のあの子たちではないのかなぁ、私のこと覚えているかなぁなどなど。

でも、実際には、まだかわいい”子供たち”でした。
友人が毎週日本語のレッスンをしているので、会話も問題なし。

一緒にゲームをしたり、紙風船で遊んだり、絵本を読んだり、おやつを食べたり、賑やかな笑いに包まれた雨の午後でした

夕方には友人と2人、私の家に移動。
大人の時間です

めちゃめちゃ寒い秋の夜なのに、思いっきりコールド・ディッシュでのおもてなし。
申しわけなかった…

yachi_01


赤ワインを飲みながら、都電の終電まで、語り合っていました
それでも、まだまだ時間は足りなかったわ。

yachi_02


子供たちが小さかった頃はこんなことできなかったのにね

yachi_03

今回はこの1回しか会えないと思っていたのですが、その週の終わりに思わぬお誘いがありました

続きを読む

藤原宮御井歌 

たかしるや」。
博多に再び行く機会があったら、絶対再訪です

たかしる


(万葉集より)

高知也 天之御蔭 天知也 日之御影乃 水許曽婆 常尓有米 御井之清水
(たかしるや あめのみかげ あめしるや にのみかげの みづこそば 
とこしえにあらめ みゐのましみ)

博多の夜 

2泊3日の博多出張

しょうゆ味のもつ鍋。
おいしーーっ

博多_02

ファドの家 

四谷にある「マヌエル カーザ・デ・ファド」。
ポルトガル料理のお店です。

店内には大きなアズレージョが飾られ、テーブルクロスは深いブルー。
照明落とし気味で”哀愁ただよう”?素敵なレストランでした。
こんな綺麗なお店、ポルトガルでは入らなかったなぁ

マヌエル


お料理もおいしかったです。懐かしく楽しみました
定期的にファドライブを開催しているとのこと。

ポルトガルワインの品揃えもいいほうなのではないでしょうか。
アレンテージョ地方の白ワインをいただきました。
すっきりとしていてとてもタイプ

rabel


気に入ったので、ラベルをいただいて帰ったのですが、家で昨年訪問した赤坂のポルトガル料理「VILAMOURA」さんの記事を見てみたら、その時と同じ白ワインでした。その記事でもこのワインをおいしいと書いてる

「VILAMOURA」さんでも思ったのですが、ワインもビールも高い。
「SUPER BOCK」1本\980
だいぶ遠くからやってきてるものね。

私的には「VILAMOURA」さんより「マヌエル」かな

三崎港よりマグロほほ肉のステーキ 

ラムチョップに続き、来客用に解凍したら予定が変わって1人で毎日食べるシリーズの第2弾。

今回は、マグロほほ肉
三崎に遊びにいった知り合いの方からのお土産です。

まぐろ

ステーキにして柚子こしょう醤油をつけていただきました。
初めて食べたのですが、あっさりしていて、柔らかくておいしー
ミディアムボディの赤ワインがぴったり合いました。

写真の大きさで1切れ。
3切れ一気に解凍していたので、3夜連続の豪華な食卓となりました。
一人で全部食べちゃって、世間の皆様に申し訳ない気持ち

巣鴨 『DA PEPI』 イタリア料理 

仕事帰りの土曜日、今週は心がちょと疲れたので「DA PEPI」さんでおいしいものをいただいて元気になろう

予約でいっぱいだったようなのですが、8時までなら大丈夫ということで着席。

pepi_01


スプマンテを飲んでいると、目の前にオーブンから取り出したお皿が登場。
仔羊の肩ローストマト煮ですってー

pepi_02

続きを読む

今回のネイル 

だいぶ見えずらいのですが、グレーがかったピンクのグラデーションに、シルバーでイニシャルシールをのせています。

ブレスレットかペンダントのチャームをイメージしたデザインなのかな、と今爪を見ていて思いました

nail

今使っているデジカメは、前のよりマクロが弱いので、ネイルを映すには不向きだな

東池袋 『幹樹』 中華料理 

近所にありながら、いつも行きそびれていた中華屋さんの「幹樹」さん。
焼きそばが食べたくて仕方のない休日にようやく訪問です

motoki_01


以前、webでチェックしたのよりランチメニューの価格が下がっている?

motoki_02

motoki_03


1時半頃訪ねたのですが、店内にお客さんの姿はなし。

motoki_04

続きを読む

東池袋 『East Village』 ハンバーガー 

東池袋の裏道にあるハンバーガー屋さん。「East Village」。
通っていた高校のすぐ近く。
ようやくいただくチャンスがありました。テイクアウトです。

hamburger_01


アボガド・バーガーとモッツァレラ・バーガー。
ともに\1,300以上するので、お子様は来ないかな。

hamburger_02

おいしかったです
でも、ハンバーガーの写真がないのです。家に着くなり速攻食べてしまったので…

丸の内 『龍福小龍堂』 点心 

丸の内で女子デート
だいぶ早く到着したので、「A 16」というお店で休息&アペリティフ。

”あ じゅうろく”?変な名前のお店だと思って帰ってきてから調べてみたら”エー・シックスティーン”だそうで、イタリアのハイウェイの名前なのでそうです。
でも、カリフォルニアのお店

龍福_01




この日は3連休の初日、お日柄もよく、問い合わせた中華のお店はどこも”結婚式の二次会”のためNG。
偶然見つけたここ「龍福小龍堂」さんで席が確保できました

龍福_05

続きを読む

おけいこの秋 

9、10月はやってみたかった、習い事を一気に受講。

ビーズ教室「style Y+」のスポットレッスン。9月に作ったヘア・コームとお揃いのカンザシです。
洋風かんざし、着物にもお洋服にも活躍してくれそう

handade_04




翌週には「Ha-Naとはじめるニット雑貨レッスン」。
カギ針編みで小物をつくる教室です。隔週日曜で全5回。

初回は、”シュシュ”を制作。

handade_02


シュシュとはこんなもの。髪の毛の飾りゴムです。
頑張って、自分で自分の頭を撮影。涙ぐましいですね

handade_03

カギ針編みなら、昔母親に教えてもらったので本を見てもできるはずなのですが。
どうも体系的に教えてもらわないと、どこからどう手を出していいか、悩んでしまうタイプの私。
独創性がないといいますか…

ビーズを編む“エジング”なるものに惹かれていて、そのためのレッスンです。

続きを読む

Paris 『Brasserie Lipp』 

日曜日のリュクサンブール公園には、休日を思い思いに過ごす人々の姿が。

paris_91


この季節のパリは初めてです。

paris_92


こんなゆったりした時間も初めてかも。

paris_93



お散歩の後、遅いお昼をとるのは「Brasserie Lipp」。

paris_95


待ち人来たりて、

paris_108

続きを読む

左岸生活 

今回は初めて左岸に滞在。
サン・ジェルマン・デ・プレ周辺はプチ・ホテルがほとんど。
人気のアリアでいいお値段だし。

いろいろ迷って若干心配しつつも「Hotel Montalembert」に決めました。

paris_37


ありえないほどの小さなエレベーターに、声を出して「えっ」と言ってしまいました。人が3人入ると体がぶつかってしまいます。4人は無理。

paris_35


しかも、最上階と喜んでいたのも束の間、エレベータを降りてから階段を昇らねばならないのです。絶対にスーツケースは自分で運べない、と思いました

paris_36


続きを読む

パリが好き 

うーん、なんだかんだいって、

paris_88


パリに来ると、ウキウキがとまらない

paris_87


なぜだろう?

paris_81


なぜかしら?

paris_83

続きを読む

カフェが好き 

「Cafe deux Magots」以外にも、ランチや一休み、食後の一杯にカフェ。

「Cafe de Flore」では朝食を。

paris_31


タルティーヌには「ECHIRE」バターがぁー

しかし、カフェオレがよかったのに、なぜかミルクティーとなり、茹で卵が食べたかったのに、やってきてのはスクランブル・エッグ

paris_32


でも、まあ、卵が来ただけラッキーだと思うことにします。しかも、スクランブルエッグに、ここでもこっそり醤油をかけて食べたのですが、まあ、おいしいかったこと。食材の力が豊かなのですね、フランス

paris_33


続きを読む

Paris 『La Loraine』 ブラッセリー 

パリ在住のいずみさんご夫婦から、牡蠣を食べるならココが新鮮とおしえてもらっていたお店、「La Lorraine」。一昨年は来れなかったので、今回は絶対2年越しの来訪です。

席配置もゆったりしていて良い雰囲気。
予約をお願いしたホテルのお兄さんが「窓際の席をお取りしました」と言っていた通り、ガラス張りの窓から通りの様子が眺められます。

paris_68


アミューズのスープ。

paris_61


お店の方おすすめの白ワイン。

paris_63


そうそう、こちら、日本語のメニューがありました

paris_62

そして、お待ちかねの生牡蠣、じゃじゃーーん

続きを読む

Paris 『Yen 円』 蕎麦 

サン・ジェルマン・デ・プレ教会のすぐ近くにある手打ち蕎麦のお店「Yen」。
今回、唯一日本から予約をしていったお店です。
ちょうどこのあたりで、出し汁が恋しくなるだろうとの読みは大正解でした

paris_11


当然ながら、パリは物価がお高いですね。
ポルトガルから来たので、なおさらそう感じてしまいます

paris_16

paris_17

続きを読む

やっぱりMagotsが好き 

ホテルへ荷物を置いたら、お散歩がてら外出し、疲れたので懐かしの
「Cafe deux Magots」で一休み。
奇しくも座ったのが一昨年と同じ席でした

paris_01


続きを読む

今週のニューヨークへの道 (54) 

9月17日(土)  ジョグ(約30分)ロンドン

9月18日(日)  ジョグ(約45分)ロンドン

10月8日(土)  ジョグ(60分)
            ・久しぶりのこの日、本当は2時間走をする予定でしたが、
             諸事情により1時間走に変更。
             帰ってきて地図まるで距離を測ってみたら、
             ちょうど10㎞でした。

10月10日(祝)  ジョグ(1時間15分)
            ・皇居へ遠征。
             2周する予定でしたが、一昨日走った後の太もも筋肉痛が
             激しく、1周で断念。
             終わった後は歩くのも辛かった
             でも、やっぱり皇居は気持ちいい

             大丈夫なのか、こんなで

Aeroporto Francisco Sa Carneiro 

ポルトの空港、フランシス・サ・カルネイロ空港。
行く前にどんな空港か知りたかったのですが、調べてもほとんどわかりませんでした。

porto_92


実際行ってみると、予想外にモダンで新しくてびっくり。
関西国際空港みたいな印象です。

porto_93


大きくないので、わかりやすく移動が楽だし、お店もそこそこあります。

porto_91


ラウンジで朝食でも。

porto_94

続きを読む

I love Portugal 

リスボンとポルト、ポルトガルの2大都市にしか滞在しませんでしたが、私はポルトのほうが好きだったな。
ポルトガルに慣れてきたのもあるのかもしれませんが。

porto_88

porto_81


しかし、坂の多い街なので、ちょっと出かけるだけでも疲れます。

porto_82

続きを読む

Porto 『Tripeiro』 

ポルトガル最後の夜は、食べそびれたものを、かたっぱしから味わう意気込み
ポルト名物というモツ煮込みが食べられるお店としておすすめされた、その名も「Tripeiro」へ。

porto_79


日本語のメニューもありました。

porto_73


以前は、日本語のメニューのあるお店なんて…という感じだったのですが、正直言ってわかりやすくて便利
日本人がいっぱい来るの?とお店の人に聞いてみたら、「すごーくたくさん来る」そう。ツアーの食事場所になっているのか、この日のお昼にもグループでいっぱい来たとのこと。

porto_71

続きを読む

ポルトガルで過ごす静かな秋の日 

初代国王生誕の地、ギマランイス。
都会の喧騒を逃れ、素朴でのびりとした町へ

porto_51

porto_52

porto


porto_53

porto_54

鳥の声が聞こえる穏やかな時間

続きを読む

リベルダーデ広場の朝 

コーヒーを飲みがてら朝のお散歩。

リベルダーデ広場に面したカフェで通勤途中の人々ウォッチング。

porto_45


ミルク・コーヒー。
うーん、おいしい

porto_47


親切な中年のご夫婦が営むお店。
奥様のはにかんだような笑顔が印象的でした

porto_46


続きを読む

Porto 『Dom Tonho(ドン・トーニョ)』  

お夕飯はホテルにいた日本とポルトガルのハーフ青年、リョウ君がおすすめしてくれた「Dom Tonho」へ。
ドウロ川沿い、ドン・ルイス1世橋のたもとにあります。有名店のようです。

Porto_39


とても賑わっています

Porto_33

続きを読む

アズレージョの街 

世界遺産にも登録されているポルトの歴史地区。

旅行のパンフレットなどで必ず載っているドウロ川沿いのカイス・ダ・リベイラ地区は散歩をするにも気持ちよく、

porto_09

porto_23


お土産物屋さんの並ぶ風景や、

porto_08


観光客で賑わうカフェ、

porto_24


鳥さんまでも絵になる素敵なエリアなのですが、

porto_07


私がポルトで一番うっとりしてしまったのは、

続きを読む