スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

渋谷 「マニコード」 募金ネイル  

ジェルネイルをされたことのある方はお分かりかと思いますが、マニキュアを徐光液で落とすみたいに、自分ではオフできないのです。

2月下旬にしたネイルは3週間を過ぎたころから浮いてきて、自然にとれてしまった指も数本。きちんとサロンでオフしてもらわないと、自爪も一緒にはがれて爪に大きなダメージとなってしまうこともあります。

nail_01

mail_02

続きを読む

スポンサーサイト

希望 

大震災が発生した翌日と翌々日は朝から夜中まで茫然とテレビを見ていましたが、次々と映し出される惨状に

生き残った人たちは希望を持つことが出来るのだろうか、頑張りましょうなどととても言えない、どのような気持ちでいるのかという想いでいっぱいでいました。

そんな時に聞いたある初老の男性の言葉が胸に突き刺さって残っています。
その方は津波で奥さんを亡くされ、職場にいた息子さんとは連らくがとれないまま。
そんな中、被災した町の人たちのために活動していました。その方が取材者に残した言葉です。

「希望があると自分に思い込ませてやっている。今はただそれだけです」

私には自分が出来ることをずっと続けていくことしかありません。
節電、義捐金の寄付、支援物資の提供、健康で仕事をすること、毎日を大切に過ごすこと。

被災した皆さんがいつか希望があると感じられることに繋がるのだと信じ、願って。

最後にアップした自分のブログを見たら、地震の前日行った「蕎楽亭」さんでの食事。「素晴らしきニッポン」というタイトルと福島県産の食材やお酒を見て悔しさも湧いてきました。
子供の頃に母と2人で行った相馬郡小高町の海。
母の故郷は津波で流されてしまった。

素晴らしきニッポン 

生牡蠣、たたみいわし、牛すじの煮込み、キス・メゴチ・白子・ふきのとう・桜エビの天ぷら、ざる蕎麦、めおともり(蕎麦&うどん)、泉川(純米吟醸)、央(大吟醸)。

至福のひと時

蕎楽亭
(110310)

神楽坂「蕎楽亭」にて。

赤カレイの煮付けの昼食 

3月10日(木)の昼食メニュー

・赤カレイの煮付け
・だし巻きたまご
・豚つくねと小松菜の中華風スープ

lunch_03

続きを読む

恵比寿 『IL BOCCALONE』 イタリア料理 

恵比寿「IL BOCCALONE」。10年ぶりです
こんな風貌のお店って…、考えてみれば自信の現れなのでは?

boccalone_01


案内されたのは、奇しくも10年前に初めて来た時と同じ、フロアより1段高くなっている、

boccalone_03


壁際ならぬ、布際の席でした
風で膨らんだ緑色の布の向こうは、もうお外

boccalone_12


食前酒にプロセッコをいただきながら、悩ましい注文の後は、

boccalone_04


ハウスワインのカラフェを。500mlで\2,800。ボトルワインはどれも\6,000はするので、やっぱりお得。しかもおいしい

boccalone_05

続きを読む

『カジキマグロのソテー』の昼食 

3月8日(火)の昼食メニュー
・カジキマグロのソテー 
・豆腐とそら豆のうま煮
・小松菜のさっと煮
・とろろ昆布のお吸い物

lunch_05

続きを読む

ナナコロビヤオキ 

雨が雪に変わった月曜日。

出社してみると、
窓際に置いておいたシクラメンが全員


慌てて底面給水鉢にぬるま湯をそそいだら、

hana_01


夕方にはしゃっきり

hana_03



あー、よかった

hana_02

池袋 『くし家』 大阪串揚げ 

池袋東武13Fでお昼をいただきました。

以前から気になっていた「くし家」さん。

くし家_11


ビールと串揚げだけでいい気もしましたが、串が6本付いて\800とお得だったので、ランチセットをいただくことに。

くし家_04


小鉢も2品選べるのですって

くし家_10

続きを読む

大塚 『Pasta House Rico』 パスタ 

「江戸一」を出で、〆を頂くべく、「Pasta House Rico」さんを久しぶりに訪問。

パスタ_01


「魚のラグー 海老とナスのトマトクリームソース」。
飲んだ後でもさらっといただけます

パスタ_02
(110304)

大塚 『江戸一』 居酒屋 

今年に入って月曜日もお休みとなった「江戸一」。

金曜日の夜に一人でどこかに寄ろうとすると、最後はここに落ち着きます。
この日も大女将のまん前の席で、やっぱり緊張
客商売でこんなに笑顔のない人も珍しいかも。でも、なぜか嫌じゃないんだな、これが。愛らしく感じるのです。

泉正宗のお燗3本、かき酢、小松菜(おひたし)で程よく酔えました

江戸一
(110304)

春なのに 

旅というのは行く前に計画しているときも、旅の最中も楽しいのだけれど、家に帰ってきて旅の話を聞いてもらうのも楽しいことなのだと思います。

vin


そういう意味では、私には旅の楽しみがひとつ少ないのでしょうね。
これは別に旅に限った話ではないのですが。

春なのに~、春なのに~、溜息また一つ~
(『春なのに』作詞:中島みゆき 歌:柏原よしえ より)

早春の夜はまだまだ冷えます

横浜 『聘珍樓横浜本店』 中華料理 

またしても横浜へやってまいりました久しぶりの中華街の喧噪。

ヘイチンロウ_01


「聘珍樓横浜本店」さんへ。

ヘイチンロウ_02

続きを読む

今回のネイル 

ようやくネイル・チェンジ。
1ヶ月以上たってしまい、前回のが剝がれてしまって爪が痛んでいました。

斜めフレンチで、2本をプッチ柄
気に入っています。ハンドのオイルマッサージもついて\14,500。
2時間かかりましたが、丁寧にしてもらって満足です

ネイル_02


今回は違うサロンへ。外苑前にある「Trois」さん。
リクライニングソファに横になり、DVDを見てリラックス。
「Sex and The City 2」を最後まで見れなかったのが心残りです

お店の女の子もいい人たちだったので、しばらくここにしようと思っています。

ネイル_01
(110226)

韓国コスメ 

ソウル旅行の主目的であるスキンケアグッズの購入。
安いので買いまくっていたら、こんなになっていました。
行きはガラガラだったRIMOWAが帰りはずっしりで、飛行機に乗る時、重量オーバーなのではないかと心配したほどです

韓国コスメ_01


友達に頼まれた「the saem」。自分の分も購入したのでこの倍量です。

韓国コスメ_10

続きを読む

『かつ丼』の昼食 

3月2日(水)の昼食メニュー
・かつ丼
・タコの梅和え
・菜の花のサラダ
・筍のおすまし


ランチ_08


かつ丼。今やオフィスクッキングの定番です

ランチ_07


タコの梅和え&菜の花のサラダ。菜の花のサラダは巣鴨駅アトレのRF1で購入したもの。
最近、お惣菜屋さんのサラダが苦手になっていることに気付きました。見た目がきれいなので買ってみるのですが。

ランチ_05

シクラメンその後 

花盛りです

シクラメン

羽田空港国際線ターミナル 

今回のソウル旅行で初めて羽田空港の国際線ターミナルを利用しました。
モノレールの改札を出るとすぐに出発ロビー、とても機能的な作りで楽ちんです

時間に余裕があったので、江戸を意識したレストラン街をうろうろ見学。

羽田_01


夜、食事するだけに空港に来てもよさそうです。

羽田_02


こちらは機内食。
NH1163 羽田-金浦のエコノミークラス。
ハンバーグでした。結構おいしかった
右下のパスタのように見えるものはお蕎麦です。
ちゃんとお蕎麦の味がするのでびっくりしました。

羽田_03


帰りのNH1164。
シーフードにあんかけみたいな、中華っぽいような、不思議な感じの食べ物。
お腹がぺこぺこでしたが、残してしまいました。
その代り3日ぶりのワインをグビグビ。2本飲んでしまった

韓国_02

おいしくても、おいしくなくても、機内食ってなんだか楽しくて好きなのです

『豚肉の青椒肉絲』昼食 

3月1日(火)の昼食メニュー
・青椒肉絲
・たこときゅうりの酢の物
・シラスの卵とじ

ランチ_03

続きを読む

ソウル 『ice berry』 パッピンス 

正午にホテルをチェックアウト、空港へ向かう車の出発時刻までの1時間半を利用して、食べたいものリストの最後を飾るデザートをいただきに、再び明洞のメインストリートへぎりぎりまで頑張ります。

新大久保にもある“パッピンス“のお店「ice berry」。

パッピンス_02


ラヴリーな店内

パッピンス_01


「お盆パッピンス」なるビックサイズを注文。
普通においしかったです。3人でちょうど良い量でした。

パッピンス_03


身体が冷えてしまったのでロッテホテル本館のロビーにあるカフェでお茶をしながら出発までくつろぎました。私が飲んでいるのはウィンナー・コーヒーです。ビールではございませんよ。念のため

韓国_01

あっという間の楽しいソウル旅行でした
アンニョーン

ソウル 『The Coffee Bean & Tea Leaf 』 カフェ 

「味加本」でヘルシーなお粥朝食の後は、”娘”2人を買い物に送り出し、
みんみんママはホテルへ。

coffee bean_01


原宿あたりにありそうな、若い子が喜びそうなショップがそこここに。

coffee bean_06


通りかかったカフェで食後の一杯を頂いて帰ることにしました。
「The Coffee Bean & Tea Leaf」。
米国のコーヒーチェーン店だと日本に帰ってきてから知った次第。

coffee bean_02

続きを読む

ソウル 『味加本』 お粥 

ソウル3日目。夕方の便で帰るので、午前中にラストスパート
食べたいものリストよりお粥が朝食です。

明洞のメインストリートにある「味加本」。
行列していました

味加本_01


すぐ近くにも「粥」の看板が見えるのですが、そちらの店はガラガラ。
たぶんそんなに味は違わないのだろうし、並びたくはないけれど、やはりガラガラのお店に入る気にならず、人気店で食べることに。

味加本_02


ラーメンと一緒で回転がいいので、そんなに待たずに入店。
並んでいる間に注文してあった「アワビ粥」(10,000ウォン)。これはおいしい

味加本_03


こちらは「エビとブロッコリー粥」(10,000ウォン)。
こちらも出汁がよくでていてコクがあり、やっぱりおいしい。

味加本_04
(110222)

ここもお客さんは100%日本人。
でもでも、並んだ甲斐ありのおいしさでした

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。