リスからパンダへ 

初夏になるころからずっと気になっていたのが、Suicaケース。
今年初めにあまり毛糸で作って愛用しているのですが、このあったかウールが季節とともに暑苦しさに変わってきて

ai_04


立秋も過ぎてしまいましたが、ようやく夏物に衣替え。

Suica

パンダじゃなくて、シロクマにしたほうが夏らしかったかな

スポンサーサイト

ビーズ教室 Style Y+  SPOT LESSON:涙型ターコイズのMermaidネックレス 

久しぶりにビーズ教室「Style Y+」さんのスポットレッスンに参加してきました

ビーズ

ターコイズを使ったネックレスで夏にぴったりと思って申し込みました。
作り方自体は難しくはないのですが、結構時間がかかります。

ほとんどの部分を持ち帰って宿題に。
時間を置くと完成しない場合があるので、連休中にせっせと仕上げました

続きを読む

デザインと言い張るの巻 

エプロンに挑戦してみました

気に入っていたエプロンが、気づけばボロボロになっていたので、ほどいて型紙代わりにしてわけもわからず適当に作成。

エプロン_01


最初に布にはさみを入れた瞬間に、想定していた柄の方向を間違えていたことに気づきましたが後の祭り。
本当は縦ラインにしようと思っていたのに
だって、そのほうが痩せて見えるでしょ?

まあ、それは許せるとして、そもそも布の見積もりをまったく行っていなくて、その結果、足りないのです、全然

エプロン_02


わざわざ足りない分を買いに行くのも面倒だし、家の中で使うものだから、いらなくなった洋服でまかないました。

エプロン_03

「最初からこういうデザインだった」ということにしてみます

ビーズ教室 Style Y+  SPOT LESSON:淡水パールのペンダント 

久しぶりのビーズ教室
繊細で上品な作品を見て、迷わず申し込みました。定員が少ないため、ちょっと申し込みに出遅れると満席でキャンセル待ちになってしまうのですが、なんとかセーフ。よかったです

ビーズ自体は糸に通していくだけなので簡単なのですが、土台に糸をつけたりするのが結構手間取りました

淡水パール_02


ペンダントトップは西ドイツ製のビンテージなのだそう。
キレイだなぁ

シックな黒のワンピースにこれを着けて、おフランス料理なんかをいただいたら素敵よねぇ

淡水パール_01
(120219)

今回のスウィーツは「THEOBROMA」のチョコレートムース(?)でした。
(写真を誤って消去してしまった
すっごくおいしかったです大人の味で。
皆さんがまだ作っているのに、一人で食べ始め、一気に食べ終わってしまいました

池袋東武にもお店が入っているようなので、自分でも買っちゃうかもしれません

来月も淡水パールを使ったお揃いのリング&ブレスレットのレッスンがあります。
こちらも楽しみです

工具ケース 

ビーズワークに使う、平ペンチなどを持ち運ぶケースを作りました
といっても、この間作ったかぎ針ケースと同じです

ひざ掛けで余った毛糸が一掃されました

工具ケース_01

工具ケース_03


内側の布には丈夫そうな綿麻を使用。新宿のユザワヤさんで50㎝で\500くらいだったかな。
前回の教訓が活きず、またしても設計ミスで失敗作となってしまいました
でも、なんとか使えてます。

工具ケース_02


実は何年も迷っていたミシンをとうとう勢いで購入
そのくせ半月ぐらい箱から出さず放置したままになっていました。

今回初使用でしたが、今どきのミシンって簡単なのね。
昔、子供の頃買ってもらったミシンは、縫い始めるまでの準備が難しかったのに。

下糸などの準備も簡単で、工具ケースの内側もあっという間に縫えちゃいました。
厚い生地を手縫いするのは指も痛くなりますが、ミシンがあればもう怖いものなし

ミシン

着る物はさすがに無理だと思いますが、クッションカバーやエプロンなどインテリア小物が作れるようになりたいです
また一つ、料理しなくなる要因が増えました