羽田空港国際線ターミナル 

今回のソウル旅行で初めて羽田空港の国際線ターミナルを利用しました。
モノレールの改札を出るとすぐに出発ロビー、とても機能的な作りで楽ちんです

時間に余裕があったので、江戸を意識したレストラン街をうろうろ見学。

羽田_01


夜、食事するだけに空港に来てもよさそうです。

羽田_02


こちらは機内食。
NH1163 羽田-金浦のエコノミークラス。
ハンバーグでした。結構おいしかった
右下のパスタのように見えるものはお蕎麦です。
ちゃんとお蕎麦の味がするのでびっくりしました。

羽田_03


帰りのNH1164。
シーフードにあんかけみたいな、中華っぽいような、不思議な感じの食べ物。
お腹がぺこぺこでしたが、残してしまいました。
その代り3日ぶりのワインをグビグビ。2本飲んでしまった

韓国_02

おいしくても、おいしくなくても、機内食ってなんだか楽しくて好きなのです

スポンサーサイト

ソウル 『ice berry』 パッピンス 

正午にホテルをチェックアウト、空港へ向かう車の出発時刻までの1時間半を利用して、食べたいものリストの最後を飾るデザートをいただきに、再び明洞のメインストリートへぎりぎりまで頑張ります。

新大久保にもある“パッピンス“のお店「ice berry」。

パッピンス_02


ラヴリーな店内

パッピンス_01


「お盆パッピンス」なるビックサイズを注文。
普通においしかったです。3人でちょうど良い量でした。

パッピンス_03


身体が冷えてしまったのでロッテホテル本館のロビーにあるカフェでお茶をしながら出発までくつろぎました。私が飲んでいるのはウィンナー・コーヒーです。ビールではございませんよ。念のため

韓国_01

あっという間の楽しいソウル旅行でした
アンニョーン

ソウル 『The Coffee Bean & Tea Leaf 』 カフェ 

「味加本」でヘルシーなお粥朝食の後は、”娘”2人を買い物に送り出し、
みんみんママはホテルへ。

coffee bean_01


原宿あたりにありそうな、若い子が喜びそうなショップがそこここに。

coffee bean_06


通りかかったカフェで食後の一杯を頂いて帰ることにしました。
「The Coffee Bean & Tea Leaf」。
米国のコーヒーチェーン店だと日本に帰ってきてから知った次第。

coffee bean_02

続きを読む

ソウル 『味加本』 お粥 

ソウル3日目。夕方の便で帰るので、午前中にラストスパート
食べたいものリストよりお粥が朝食です。

明洞のメインストリートにある「味加本」。
行列していました

味加本_01


すぐ近くにも「粥」の看板が見えるのですが、そちらの店はガラガラ。
たぶんそんなに味は違わないのだろうし、並びたくはないけれど、やはりガラガラのお店に入る気にならず、人気店で食べることに。

味加本_02


ラーメンと一緒で回転がいいので、そんなに待たずに入店。
並んでいる間に注文してあった「アワビ粥」(10,000ウォン)。これはおいしい

味加本_03


こちらは「エビとブロッコリー粥」(10,000ウォン)。
こちらも出汁がよくでていてコクがあり、やっぱりおいしい。

味加本_04
(110222)

ここもお客さんは100%日本人。
でもでも、並んだ甲斐ありのおいしさでした

ソウル 『JJ MUD汗蒸幕』 汗蒸幕 

初日の夜に汗蒸幕に行きました。
「JJ MUD汗蒸幕」さん。東大門にありますが、ホテルから送迎してくれます。

JJ_02


とてもきれいなエントランス。
3人とも基本コースにそれぞれ好きなオプションをつけました。
基本コースは汗蒸幕はじめいろんなサウナやお風呂に垢すり、オイルマッサージ、シャンプー、全身泥パックがついて80,000ウォン。
ソウルの情報サイト「konest」から申し込んだら20%オフの64,000ウォンでした。

JJ_01

初めての汗蒸幕。暑さに耐えられるのか心配もありましたが、意外に大丈夫。
お店の人も皆さん優しくてよかったです。

3人ともつるつるすべすべになりました

で、この後、「福清」さんでの夕飯となったわけですが、当然3人ともすっぴん。

食事を終えて、レジでお会計している時、「娘さん2人連れて旅行ですか?」と女将さんに流暢な日本語でにこやかに話しかけられました。

一緒に行ったのは、24歳と30歳の女の子。
気持的には”3姉妹”だったんですけどぉ
世間さまは甘くなかった
たぶん、他の2人がすごーく幼く見えたのだと思います。小学生とかに
しかし、ウケましたね