スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

谷中 『一寸亭』 

一人で休日を過ごすときは、結局、「飲んで食べる」のです
昼間っから

またしても谷中銀座にある「一寸亭」さんへ。

一寸亭_01


今回は「五目ワンタンメン」にしてみました。
具がいっぱいで、ワンタンの存在感が薄くなりますが、大好きな塩味でワンタンメンがいただけるので、これもあり。

一寸亭_02
(130715)

飲んで食べたあとは、もう一つのお楽しみ「お昼寝」の午後でした

スポンサーサイト

谷中 『一寸亭』 中華料理 

雨だからと父に振られた父の日の日曜日。
久しぶりに谷中の「一寸亭」さんへ

レバ野菜炒め。
あまりのボリュームにひるむ

ビールにぴったり、おいしいです

一寸亭_01


大好物のワンタンメン。
ちゅるちゅるワンタンがいっぱい入っていました。

一寸亭_02
(130616)

レバ野菜を食べている時、ちょっとした事故がありました。
カウンターの中でグラスを洗っているお母さんが、グラスをひとつ向かい側に落としてしまったのです。
幸いそこは空席だったので、グラスが人にあたることはなく、カウンターでワンバウンドして床に落下。当然割れました。

私の席はそのすぐ隣でした。
「全然大丈夫ですよ」と言っても、お母さんはじめお店の人が恐縮して謝ってくれます。

その後、レバ野菜が半分以上食べられなかったので、お持ち帰りにしてもらうようお願いしました。

お会計時、レジの脇に私のお土産レバ野菜が置いてあるのが見えます。
息子さんと思しき人が会計後レバ野菜の入った袋を手渡しながら、「心配なので、新しいのを作りました」とおっしゃるではないですか聞けば、ガラスの破片でも入っていたらとのご配慮。そんなことは考えられないような状況だったのですが。カウンターの中からお父さんも「びっくりさせちゃって、ごめんなさいね」と声をかけてくださいました。

かえって申し訳ないことをしてしまいました
でも、ありがたく頂戴しておうちでおいしくいただいた次第。

このお店は、来るといつも温かい気持ちにさせてくれます

御徒町 『珍満』 中華料理 

休日昼時の御徒町。
「珍満」さんには行列ができていました

珍萬_02


えっ、そんなに人気店だったの
前回初めて来たときも感じたのですが、この日もお客さんが全員中高老年。見事なまでに。

珍萬_01


今日も走った後の一杯

珍萬_03


なんか餃子が人気のようで、カウンターの隣に座ったおばあちゃんは餃子だけを黙々と食べて帰っていきました。そして、その後に同じ場所に座ったおばあちゃんもまったく同じ。

珍萬_04
(13010)

この後肉野菜炒め&ラーメンをいただきましたが、どれも好きなタイプです。

谷中 『一寸亭』 中華料理 

さらにデジャヴな日曜日。
デジャヴというとしゃれていますが、要はワンパターン?
ってことね。

気に入ったので人を連れてまたきちゃいました、「一寸亭」さん。

一寸_01


全部で20数席のよくあるご近所中華屋さんの造りなのですが、厨房3名、
フロア2名の万全体制。
たぶん全員ご家族だと思われます。皆さん、お顔が似てっらしゃるもの

一寸_02

続きを読む

谷中 『一寸亭』 中華料理 

朝からにわか雨に度々襲われた夏の終わりの日曜日。
お天気のせいか珍しく空いている谷中銀座です。

一寸_01


脇目も振らず駅から直行したのは「一寸亭」という名の街中華屋さん。
先月谷中をうろうろしている時に偶然発見してピン!ときたお店です。

こういうことには記憶力がよくフットワーク軽いわたくし

一寸_02

続きを読む

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。